【重要なお知らせ】

2021年11月25日よりシステムの不具合の為、以前ご登録頂いたLINEでのやり取りができない事象が発生しております。大変恐縮では御座いますが、ご連絡頂きます際には、改めて新しいLINEの友達追加をして頂き、そちらよりお問い合わせ頂けましたら幸いです。また、お電話もしくはお問い合わせからも可能です。ご不便をおかけ致しますが、ご連絡を心よりお待ちしております。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

代表取締役 医師 橋本将吉

COURSE

医学部復学試験コース

対策しづらい復学試験、何をどこまでやればいいのか明確になる
対策しづらい復学試験、何をどこまでやればいいのか明確になる

医学部復学試験の概要

医学部復学試験とは?

医学部の復学試験とは、放校となってしまった時に、以前までいた学年に復帰できる試験制度です。多くの場合は復学試験に合格した場合以前いた学年に復学ができますが、大学によっては一年下の学年に復学というパターンもあります。
 この医学部復学試験は、大学によって対応が異なります。自分の大学がそもそも復学試験を行なっているのか、行なっていたらどのような手段を取れば復学ができるのか、復学試験の範囲などきちんと調べることが大切です。そして、自分の大学にあった勉強方法が求められます。
 また、多くの大学の場合、1年生で放校になってしまった場合は1年生の勉強の範囲から、3年生で放校になってしまった場合は1,2,3年生の勉強の範囲から出題されることがほとんどです。そのため、学年が上がっていくにつれ、出題範囲も広くなり、合格が難しいと言われています。

医学部復学試験の勉強方法

 医学部の復学試験には、過去問の入手が難しい場合がほとんどです。そのため、効率よく勉強を行うことが求められます。また、学年が上がれば上がるにつれ、試験範囲も増えてきます。試験に出そうな問題の情報を入手し、それに合わせた勉強方法が求められます。

医学部復学試験の準備

 医学部復学試験の準備として必要なことは、情報収集です。医学部復学試験は過去問で勉強するということが難しいです。そのため、復学試験の担当の先生の経歴を調べて、どんな試験を出すか予想する作業が必要になります。問題作成者が臨床医学の先生だった場合、臨床の観点から生化学の出題をすることがあるので、どのような傾向になりそうか、調べることが重要です。
 また、以前の担任の先生に、復学試験で何が出るかを聞きに行くことも大切です。先生によってはなかなか情報を教えてくれなかったり、メールの返事が返ってこないこともありすが、根気強く情報を集めることが重要です。

About Course

医学部復学試験コースについて

医学部復学試験コース内容

 医学部復学試験コースでは、復学試験を目指している方に向けて、現役医師講師がマンツーマンの個別指導を行います。復学試験は範囲も膨大で、傾向もわからず一般的に合格が難しいと言われています。しかし、医学生道場では、各大学の復学試験対策を網羅しておりますので、正しい方法で、復学試験合格に導きます。また、自習室も使用可能ですので、勉強習慣を身につけることができます。医学生道場の医学部復学試験コースで、復学試験合格を目指しましょう!

医学部復学試験コースの対象

  医学部復学試験コースの対象は、医学部復学試験合格を目指している方です。医学生道場は、東京に4校舎、関西圏に2校舎あるため、対面授業をおこなっています。対面授業のマンツーマンの個別指導で授業を受けることが可能です。その他にも、オンライン授業も展開しているので、全国各地どこからでも受講可能となっております。医学生道場では、今まで何人もの生徒を復学試験合格に導いています。復学試験合格を目指している方、是非一度ご相談ください。

医学部復学試験コースの授業内容

  医学生道場の医学部復学試験コースでは、まず初めに生徒さんが何の科目で落ちてしまったのか、得意不得意の科目を確認します。そして、一番苦手な科目から勉強を行うこととしています。なぜ一番苦手な科目から行うのかというと、一番時間を要するためです。復学試験では、丸暗記ではなく、一つ一つの勉強をきちんと理解することが求められます。そのため、一番苦手な科目から初めて、勉強スケジュールを作成していきます。
 復学試験の対象となる範囲によっても異なりますが、基礎医学がメインに出題される際は、アウトプットを意識しながら授業を行います。アウトプットすることで、自分の理解が曖昧な部分に気づけたり、理解を深めることができます。
 臨床医学がメインに、特に6年生の復学を目指している方は、医師国家試験の問題にも手をつけながら、授業を展開します。なぜ医師国家試験の問題かというと、6年生の復学試験は、今までの総まとめが出され、医師国家試験を見据えての問題が多いからです。
 このように、対象に合わせた授業を展開しています。一対一の個別指導だからこそ、生徒さんに合った授業を展開することができます。

医学部復学試験コースの医師講師について

医学部復学試験コースの医師講師紹介

医学部復学試験コースの医師講師は、基礎科目が中心の場合は基礎研究医、臨床科目が中心の場合は各科専門医が担当いたします。授業をより充実したものにするために、生徒さんの学んでいる箇所に応じて専門の医師講師をマッチングします。医学生道場では、様々な専門に特化した医師講師が揃っていますので、ご安心ください。
また、なるべく生徒さんの学校卒業の医師講師をマッチングします。これは、出題傾向や勉強範囲を網羅しているからです。生徒さんの復学試験合格に向け、徹底的に対策を行います。

医学部復学試験コースの医師講師の強み

医学部復学試験コースの医師講師の強みは、それぞれの得意分野の医師講師が授業を担当するということです。解剖学であれば整形外科医、病理学であれば病理医、内科学であれば内科医、産婦人科学であれば産婦人科医など、勉強範囲に合わせて専門の医師講師が担当します。専科の違う医師講師が揃っているからこそ、1回の授業で質の高い授業が展開できます。
また、復学試験は試験範囲も広く、勉強をどのようにやれば良いかわからないという医学生も多くいますが、必要な勉強量を熟知した医師講師がいるので、生徒さん一人一人に合った勉強スケジュールを作成します。復学試験まで徹底的にサポートいたします。毎回の勉強が無駄にならないよう、きちんと理解していた方が良い内容を重点的に授業を行います。

医学部復学試験コースの生徒の紹介

医学部復学試験コースを受講している生徒の1週間の様子

K.Yくんは毎日医学生医学生道場の自習室に通い、週1回医師講師との授業を行っていました。教室長と一緒に立てた勉強戦略を元に勉強を進め、わからない部分を週1回の授業で医師講師に質問をするスケジュールとしました。

1週間の様子

医学部復学試験コースを受講した生徒の声

K.Yくんの声「僕は復学試験ということで、周りに仲間がいなかったので、教室長に本当に助けられました。メンタルが崩れそうな時は話を聞いてくれたり、勉強が捗らなかった時は気分転換をしてくれたり、教室長がいるから頑張ろうと思えました。復学試験に合格できたのも、医師講師が勉強スケジュールを一緒に立ててくれて、正しい方向に修正してくれたので合格できたと感じています。感謝でしかないです。」

教室長からのメッセージ

復学試験はメンタルが落ちてしまうことも多々あるかと思います。私たち教室長が、復学試験合格に向けて、しっかりサポートしますので、お悩みがある方は是非ご相談ください。お望みを叶えられるよう、寄り添います。一緒に復学試験合格を目指しましょう。
他のコースも見る

YouTubeで医学生道場の様子をご紹介しています。是非ご覧下さい。

igakuseidojo-channel
品川校
品川駅高輪口から徒歩5分
〒108-0074
東京都港区高輪3-23-14-204
新宿校
新宿駅東南口から徒歩5分
〒160-0022
東京都新宿区新宿4-3-30-501
吉祥寺校
吉祥寺駅から徒歩5分
〒180-0005
東京都武蔵野市御殿山1-7-12-805
秋葉原校
秋葉原駅から徒歩5分
〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町2-22-301
名古屋校
名古屋駅から徒歩5分
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅3-23-6-2B(2階)
大阪校
西梅田駅から徒歩5分
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2丁目3-13 1301号
難波校
地下鉄なんば駅より徒歩5分
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中2-6-13ゴールドナンバ竹田4階
福岡校
JR博多駅より徒歩3分
〒812-0012
福岡県福岡市博多区博多駅中央街5-12博多東ビル204号室
通信教育(オンライン)
日本全国どこでも通信による個別指導が可能です!
※受付時間は13:00~21:00です。
※定休日は水・木曜日となります。