進級できない人の共通点
それは「進級できる考え方」を知らないから
なぜ自己流の勉強法ではうまく進級できないのでしょうか?
医学部の進級試験には、「進級試験に特有の勉強の方法」があるからです。

確かに、医学部受験で培った勉強方法はあると思います。プライドも絶対にあると思います。しかし残念ながら、現実的にはほとんど役に立ちません。

それどころか、真面目に勉強をしてきた人ほど、「自己流の勉強法」が大きな弊害になることも大いにあります。「効率を重視して最低限の勉強で」という考え方の人も同様です。
勉強の「やる気」が出ないのですが?
確かに勉強には「やる気」が大切です。しかし、それが全てではありません!

心の内側から出てくる「やる気」に加えて、整えなければならないのは「学習する環境」です。例えば、砂漠のような環境で、誰が勉強のやる気を出すことが出来るのでしょうか。

脳神経学や生理学の勉強をすれば分かりますが、「行動」した結果である外界からのフィードバックだけが、ドーパミン等の神経伝達物質を放出し、「やる気」につながるのです。

どんなにやる気を出そうと思っても、時間が過ぎるだけで、やる気が勝手にわいてきたりする事は、絶対にありません。すぐにでも環境を整える一歩を踏み出しましょう。

早ければ早いほど、早く戦略が立てられるので、メンタルも楽になりますし、進級する確率も大いに高まります。
他の人は大丈夫なのに、どうして自分だけ?
進級できる人は、正しい考え方をしています。
進級できない人は、間違った考え方をしています。

確かに、たまたま進級対策に強い考え方だった、という人もいます。
本能的に正しい勉強の考え方を知っている人もいます。
「天才」と呼ばれる、なんでも簡単にこなしてしまう方も、医学部には多くいます。

まとめると、「正しい考え方を知っているか、知らないか」ただそれだけなのです。
すごく勉強しているはずなのに、どうして進級できないの?
突き詰めて考えると、勉強に必要なのは二つの要素です。それは「量」と「質」です。

確かに勉強量は大事です。沢山時間をかければかけるほど、進級する確率は大いに上がります。また一方で、勉強量がどんなに多くても、「勉強の質」が低ければ無意味です。

オリンピック選手にもコーチがついているように、勉強の質は「それまでどんな指導者に会って、教わってきたか」が大切です。

特に、医学という専門分野では、医師というコーチの存在は強力な武器になります。
医学生道場が辿り着いた
「絶対進級」の方程式
それは
【個別戦略】×【学習環境】
×【理解の質】
1.個別戦略
全ての壁を乗り越えてきた先輩医師と共に、個々に合わせた完全オーダーメイドの個別戦略を、一番初めの授業の時に作成します。戦略を立てたその日から、最短距離で目標達成に走り出すことが出来ます。
2.学習環境
どんなにやる気を出そうと思っても、人間の脳は自然にやる気を出してはくれません。やる気を出すためには、環境が必要不可欠なのです。環境を整えて勉強することで、初めてフィードバックとしてやる気が出てくるのです。環境に目を向けてください。
3.理解の質
医学は膨大です。理解の質が低ければ、どんなに頑張っても成果を出すことは出来ません。ガムシャラにやってうまくいくほど、医学部の進級は甘くありません。この機会に、医師講師を完全個別指導で独占して、質を高める方法を手に入れましょう。
医学生道場では
この全ての要素から考え
絶対に進級したい人の実力を
最大限まで引き上げます!
心配な事は沢山あると思いますが、勇気を出すのは「初めの問い合わせ」だけです!
悩みを全て解決し、目標達成に導きます!