医学部向けブログ
2017.09.07
橋本将吉

【医学生へ】解剖学を効率よく学ぶためのヒント~呼吸器の基礎~

こんにちは! 医学生道場の橋本です。医学生にとって、最初の関門ともいえる「解剖学」ですよね。医学部1,2年生で学ぶ科目の中でも、一番重い科目かもしれません。ここでは、いくつかのコラムにわたって、解剖学の勉強の手助けとなるような情報をまとめていきたいと思います。

ここでも模式的なイラストを示しますが、アトラス等で自分で確認しながら勉強を進めていってほしいと思います。また、自分で図を描きながら理解していくことも一つの手です。その時に、この図を参考にしてみて下さい。
今回は、解剖学の中でも「呼吸器」についてです。

 

☆呼吸の概念

それでは、まず、呼吸とは何か? というところから考えてみましょう。

「こんな事は知っているよ!」と言われるのは承知の上ですが、まずは前提から書いていきます。

人間は、体の細胞内でATPを産生し、それからエネルギーを取り出していますね。このATPを産生する過程で、酸素を消費し、二酸化炭素を作ります。そして、その二酸化炭素は、排出されていますね。これが、「呼吸」というものの正体です。

言い換えれば、「呼吸」というのは、エネルギーを作るために必要な酸素を取り入れ、その過程で出来た二酸化炭素を排出する一連の流れのことを指すのです。

したがって、肺で酸素と二酸化炭素を交換することだけでなく、細胞がエネルギーを取り出すために酸素を消費することも「呼吸」のひとつです。生理学では、前者を「外呼吸」、後者を「内呼吸」と呼んでいます。
1,2年生であれば、これから生理学で呼吸の詳しい内容を学ぶと思います。その時にこの図を思い出してみてくださいね。

 

☆呼吸器、そしてその役割

先ほども書いたとおり、呼吸とは、酸素を取り入れて二酸化炭素を出すことでしたね。名前の通り、「呼吸」を行う「器官」だから「呼吸器」です。「呼吸器」には、実は、他にもいくつかの作用があります。

ここでは、その「呼吸器」が果たす、呼吸以外の役割を箇条書きにしていきます。

血中二酸化炭素濃度の調節による、酸塩基平衡への関与

舌や声帯の筋肉と共同して、発声への寄与

肺を介して外と接しているために必要な、免疫機構

これらについて詳しく知りたい方は、別のコラムで「呼吸生理」にスポットを当てています。

 

☆呼吸器の解剖①気道と肺

それでは、これからは「外呼吸」に必要な器官について考えていきます。

まずは、肺と気道についてです。

口や鼻から入った空気は、まずはのどを通り、気管に入り、それが分かれてに行きます。

肺の中には「肺胞」がたくさん入っていて、先述のガス交換の場となっています。

 

☆呼吸器の解剖②呼吸筋

さて、ひとつ大事なことを言います。肺は、自分では膨らむことができません。したがって、周りに引っ張ってもらう必要があります。その時に必要なのが「呼吸筋」となります。

呼吸器に関わる筋肉は、ほかにも「声帯筋」があります。ここで書くと非常に長くなるので、別のコラムにまとめてあります。

さて、呼吸筋ですが、主なものは三つあります。

横隔膜、外肋間筋、内肋間筋です。

横隔膜は、肋骨で囲まれた空間(胸腔)の底にあって、それが下がることで肺を膨らませます。

外、内肋間筋は文字通りに肋骨の間にあり、図のような向きで走っています。

息を吸うときに外肋間筋、吐くときに内肋間筋が作用します。言葉だけで覚えるのは大変なので、解剖図なども参考にして理解するようにしてください。

 

☆まとめ

呼吸器についての大まかな解剖について触れました。気管や肺、声帯などの構造、そして具体的なメカニズムについては、別のコラムでまとめてみました。併せて読んでみて下さいね。
以上、医学生道場の橋本でした。

土日祝日も営業中!無料!お気軽にお問い合わせください!
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。
吉祥寺校
吉祥寺駅から徒歩5分
〒180-0005
東京都武蔵野市御殿山1-7-12-805
新宿校
新宿駅東南口から徒歩5分
〒160-0022
東京都新宿区新宿4-3-30-501
品川校
品川駅高輪口から徒歩3分
〒108-0074
東京都港区高輪3-23-14-204
秋葉原校
秋葉原駅から徒歩2分
〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町2-22-301
名古屋校
名古屋駅から徒歩5分
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅3-23-6
通信教育(オンライン)
日本全国どこでも授業可能です!
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。