【重要なお知らせ】

2021年11月25日よりシステムの不具合の為、以前ご登録頂いたLINEでのやり取りができない事象が発生しております。大変恐縮では御座いますが、ご連絡頂きます際には、改めて新しいLINEの友達追加をして頂き、そちらよりお問い合わせ頂けましたら幸いです。また、お電話もしくはお問い合わせからも可能です。ご不便をおかけ致しますが、ご連絡を心よりお待ちしております。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

代表取締役 医師 橋本将吉

COURSE

医学部CBT対策コース

基礎医学に自信がない方も、病態生理からきちんと学びたい方も
基礎医学に自信がない方も、病態生理からきちんと学びたい方も

医学部CBT試験の概要

医学部CBT試験とは?

 CBT試験(共用試験)とは、全国の医学部の学生に対し、臨床実習を開始される前に実施される評価試験です。CBT試験は、大学ごとの学内試験ではなく、全国の医学生が一律で受ける共用試験となっております。CBT試験は、臨床実習に必要な知識・問題解決能力を問うもので、コンピューターを用いる客観試験「CBT」で評価します。CBTとは文字通り、学生がコンピューターに向かい、画面に出てくる問題に回答するというものです。問題はランダムに出題されます。
 出題範囲は、医学部の4年生までに学生が習得するべき範囲から出題されます。問われる知識として、①医師として求められる基本的な資質と能力②社会と医学・医療③医学一般④人体各器官の正常構造と機能、病態、診断、治療⑤全身におよぶ生理的変化、病態、診断、治療 ⑥診療の基本に分けられます。
 合格基準は一人一人、出題される問題が違うため、パーセントではなく、IRTスコアという問題の難易度を考慮されて調整された値が用いられます。

医学部CBT試験の勉強方法

 CBT試験の勉強方法はとにかく過去問を解くことが求められます。なぜ過去問が良いかと言うと大きく分けて3つの理由があります。
 まず一つ目は、CBT試験はプール問題から出題されるという特徴があるからです。プール問題とは、前年度までに出題された問題から「良問」と判断された問題のことで、大量の問題がストックされています。CBTは全部で320問出題され、そのうちの240問がプール問題となっています。そのため、過去問を何年分も何度も繰り返し解いて、理解を深めていくことが合格への近道となります。
 二つ目は、CBTはコアカリキュラムが決まっており、過去問を使うと全体像が把握しやすいと言うことです。CBTでは、①医師として求められる基本的な資質と能力②社会と医学・医療③医学一般④人体各器官の正常構造と機能、病態、診断、治療⑤全身におよぶ生理的変化、病態、診断、治療 ⑥診療の基本から出題されます。そのため、過去問を使用することで、自分が学ばなければならない部分を把握でき、勉強スケジュールが立てやすくなります。
 三つ目は、CBT試験は範囲が膨大だということです。CBT試験は1年生〜4年生までのまとめ試験になります。そのため、範囲がとにかく広いです。過去問を使用しないと、調べる量も増え、時間がいくらたっても足りません。効率よく勉強するために、過去問は必須なのです。

医学部CBT試験の準備

 CBT試験はどれだけ勉強時間を確保できるかが大切になってきます。もしも過去問を行うのであれば、何回過去問を解いたか、何年分解いたかが重要になってきます。これは解いたら解いた分だけ理解が深まり、他の医学生よりも一歩上に進むことができるからです。まずは勉強スケジュールを作成し、勉強を始められる環境を作りましょう。特に、部活動やバイトを行なっている方は、早い段階から勉強スケジュールを立てることをお勧めします。この日にどれだけの勉強を行うのか、きちんと計画を立てましょう。

About Course

医学部CBT試験対策コースについて

医学部CBT試験対策コース内容

 CBT試験の勉強は、問題集を解くことが重要と思われがちですが、問題集を解く他にも、根本の実力をつけることがとても大切です。CBT試験の問題は確かに解きにくい部分が多くありますが、臨床実習に移るための試験です。そのため、臨床現場を意識した勉強を、普段から行う事が出来ているかが重要になります。「CBTに振り回されているような感じがして嫌だなあ」と感じる気持ちも良く分かりますが、むしろCBT試験を利用して実力をつけるような気持ちで、現役の医師講師との一対一の個別指導で臨床現場の知識やイメージ、考え方を身に着け、すなわち根本の実力を身に着けて、CBT試験に合格しましょう。

医学部CBT試験対策コースの対象

  医学部CBT対策コースでは、主にCBT試験を控えている4年生を対象としています。早い段階からCBT対策をしたいという1~3年生からのお問い合わせも受け付けております。医学生道場では、全国6校舎での対面授業の他、オンライン授業も行っていますので、全国各地どこからでも授業が可能です。CBT試験合格を目指している医学生、是非一度ご相談下さい。

医学部CBT試験対策コースの授業内容

  CBT試験は、臨床実習に移るための試験なので、臨床現場を意識した勉強が求められます。医学生道場の医学部CBT試験対策コースでは、臨床現場で活躍している現役の医師講師と、マンツーマンの個別指導となっております。CBT試験の問題集を解きながら、医師講師が臨床現場で経験した実際の症例を元に、なぜこのような病名がついたのか、主訴は何かなど一つずつ理解して臨床の知識をつけていきます。完全個別指導だからこそ、生徒さん一人一人に合った勉強方法で進めつつ、質の高い授業で理解を深めていきます。

医学部CBT試験対策コースの医師講師について

医学部CBT試験対策コースの医師講師紹介

医学部CBT試験対策コースでは、20〜30代の臨床経験のある医師が対応します。内科医、外科医、産婦人科医、精神科医など、専門は様々です。なぜ若い医師が多いかというと、CBT試験を受けたばかりで対策や傾向を熟知しているからです。また、医師講師の経験した、病院での臨床経験を元に、症例などを使用しながらわかりやすい授業を展開しています。

医学部CBT試験対策コースの医師講師の強み

 医学部CBT試験対策コースの医師講師の強みは何と言っても、臨床経験が豊富な医師が揃っているということです。医学生道場では、内科、外科、産婦人科、精神科など様々な臨床医が在籍しています。実際に大学病院で珍しい症例を診てきた医師も多く、わからない部分を医師講師の臨床経験を交えながら生徒の記憶に残るような授業が展開されます。そのため、質の高い勉強を行うことができます。また、CBT試験の傾向や対策方法も熟知しております。生徒さん一人一人に合った勉強法で、合格に導きます。

医学部CBT試験対策コースの生徒の紹介

医学部CBT試験対策コースを受講している生徒の1週間の様子

A.Oさんはアルバイトを行っており、普段から勉強習慣をつけたいとのことで、1年前からCBT対策を行なっていました。月、火、金の18時〜自習をし、土曜日の18時〜医学生道場の授業を行い、徹底的に対策を行うスケジュールを立てました。

1週間の様子

医学部CBT試験対策コースを受講した生徒の声

A.Oさんの声「私は試験直前に頑張るということができないタイプなので、1週間のうちに決まった時間勉強ができるように、スケジュールを立てました。今までの先輩の様子を見ていて過去問を解くことが大事と考えていましたが、根本の実力をつけることが重要だということが初めてわかりました。実際に医師講師が経験した患者さんの症例を聞くことが何よりも楽しみでした。」

教室長からのメッセージ

CBT試験は、臨床のイメージもあまりついておらず、勉強が難しいという相談も多く寄せられます。医学生道場では、臨床経験豊富な医師講師が自分の臨床経験をもとに、わかりやすい授業を展開しています。臨床の楽しさを感じてもらうことができると思います。CBT試験合格を目指している医学生、是非一度ご相談ください。
他のコースも見る

YouTubeで医学生道場の様子をご紹介しています。是非ご覧下さい。

igakuseidojo-channel
品川校
品川駅高輪口から徒歩5分
〒108-0074
東京都港区高輪3-23-14-204
新宿校
新宿駅東南口から徒歩5分
〒160-0022
東京都新宿区新宿4-3-30-501
吉祥寺校
吉祥寺駅から徒歩5分
〒180-0005
東京都武蔵野市御殿山1-7-12-805
秋葉原校
秋葉原駅から徒歩5分
〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町2-22-301
名古屋校
名古屋駅から徒歩5分
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅3-23-6-2B(2階)
大阪校
西梅田駅から徒歩5分
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2丁目3-13 1301号
難波校
地下鉄なんば駅より徒歩5分
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中2-6-13ゴールドナンバ竹田4階
福岡校
JR博多駅より徒歩3分
〒812-0012
福岡県福岡市博多区博多駅中央街5-12博多東ビル204号室
通信教育(オンライン)
日本全国どこでも通信による個別指導が可能です!
※受付時間は13:00~21:00です。
※定休日は水・木曜日となります。