【重要なお知らせ】

2021年11月25日よりシステムの不具合の為、以前ご登録頂いたLINEでのやり取りができない事象が発生しております。大変恐縮では御座いますが、ご連絡頂きます際には、改めて新しいLINEの友達追加をして頂き、そちらよりお問い合わせ頂けましたら幸いです。また、お電話もしくはお問い合わせからも可能です。ご不便をおかけ致しますが、ご連絡を心よりお待ちしております。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

代表取締役 医師 橋本将吉

COURSE

医学部OSCE実習コース

現役の医師講師と模擬テストや反復練習でOSCEも徹底対策
現役の医師講師と模擬テストや反復練習でOSCEも徹底対策

医学部OSCE実習の概要

医学部OSCE実習とは?

 OSCE(オスキー、Objective Structured Clinical Examination)は、客観的臨床能力試験のことです。医学部の臨床実習に上がる前にCBT試験とOSCE試験の二つに合格することが、臨床実習に進むための条件となります。医学部の4年生で行うことが多いですが、大学によって様々です。
 医学部のOSCEは医療面接、胸部診察、腹部診察、救急、バイタルサイン等、医療系大学間共用試験実施評価機構が公表している学習・評価項目の中から出題されます。医療面接は10分、その他はそれぞれ5分の試験時間となっています。
 カテゴリごとに部屋が分かれており、部屋に置かれている患者情報の書かれた紙があり、それを読んでから模擬患者さん相手に試験が始まります。
 医療面接では、①導入②良好なコミュニケーション③医療的情報を聞く④心理・社会的情報を聞く⑤締めくくりの順に、順序だった流れに沿った円滑な医療面接が求められます。

医学部OSCE実習の勉強方法

 OSCE実習の勉強方法で大切なことは、実際に何度も繰り返し練習をすることです。OSCEでは①導入②良好なコミュニケーション③医療的情報を聞く④心理・社会的情報を聞く⑤締めくくりの順に、順序だった流れに沿った円滑な医療面接も求められるため、流れを理解しておくことが重要です。練習を何度も重ねることによって、流れを自然と理解することができ、本番も落ち着いて行うことができます。参考書などで勉強することも大切ですが、頭に入っているだけでは実際の試験で実力を発揮できず、不合格になってしまう可能性もあります。理解して、実践を積み、試験に望みましょう。

医学部OSCE実習の準備

 OSCE実習の準備で必要なことは、とにかく時間を確保することです。OSCEの勉強で必要なことは、友達など、誰かと本番さながらに練習することです。本番は緊張も高まりますので、落ち着いて行うためには準備が必要です。OSCEは準備をどれくらい行ったかが、合格の分かれ目と言われています。OSCE実習前は時間を確保し、何度も練習する時間を作りましょう。
 多くの大学はCBT試験とOSCE試験が同じ学年で行われます。そのため、CBTの試験勉強に時間を使いすぎて、OSCE対策が何もできなかったという声も聞きます。CBTの勉強を行いつつ、OSCEの対策も行うことが重要です。効率の良い勉強で、準備を行っていきましょう。

About Course

医学部OSCE実習コースについて

医学部OSCE実習コース内容

 医学生道場の医学部OSCE実習コースはOSCEを控えている医学生に向けて、模擬テストでOSCE対策を徹底的に行います。臨床現場で働いている現役の医師講師と共に、模擬テストや反復練習などを行いながら、理解を深めていきます。医学生道場は完全個別指導なので、マンツーマンで医療面接などの知識を学ぶことができます。

医学部OSCE実習コースの対象

  医学部OSCE実習コースの対象は、OSCE実習を控えている医学生が対象となります。医学生道場では、東京4校舎、関西圏2校舎の他に、オンライン授業も行っています。そのため、全国各地の医学生が受講することができます。CBT試験が終わってOSCE実習まで時間がない医学生も大歓迎です。短期間の授業で必ず結果を出します。OSCE実習で不安を抱えている方、いつでもご相談ください。

医学部OSCE実習コースの授業内容

  医学生道場の医学部OSCE実習コースでは、実際に医師講師が患者役となり、何度も繰り返し模擬テストを行います。医師講師は実際に臨床現場に出ていますので、何がどう違うか、どのように改善したら良いか詳しく伝授いたします。時には参考書を使用しながら、間違っている点などは詳しく説明します。また、医学生道場は完全個別指導となっているので、医師講師からマンツーマンで授業を受けることができます。医師講師が臨床現場で大切にしている点など、直々に教わることができます。医学生道場の医師講師と共にOSCE合格を目指しましょう!

医学部OSCE実習コースの医師講師について

医学部OSCE実習コースの医師講師紹介

 医学部OSCE実習コースの医師講師は、内科医、外科医、小児科医と臨床現場で活躍している現役の医師が授業を展開します。また、20代〜30代と比較的若い医師が担当いたします。臨床経験を元に、症例などわかりやすく質の高い授業を展開しています。

医学部OSCE実習コースの医師講師の強み

医学部OSCE実習コースの医師講師の強みは大きく分けて3つあります。
まず一つ目は、OSCEの傾向を熟知していることです。医学部OSCE実習コースの医師講師には20〜30代と比較的若い講師が担当するので、OSCEの記憶も新しく、またOSCE対策を入念に行なった医師が揃っています。医師から直接試験合格のコツを聞くことができますので、勉強効率も格段にアップします。
 二つ目は、臨床経験が豊富な医師が揃っているということです。医学生道場では、内科、外科、産婦人科、精神科など様々な臨床医が在籍しています。実際に大学病院で珍しい症例を診てきた医師も多く、わからない部分を医師講師の臨床経験を交えながら生徒の記憶に残るような授業が展開されます。実際に医師講師が患者役となり、間違えている部分、改善した方が良い部分を伝授します。マンツーマンの個別指導なので、生徒さんに合わせた授業が可能です。そのため、質の高い勉強を行うことができます。
 三つ目は、OSCEの勉強方法を熟知していることです。医師講師はOSCEを合格してきた方々なので、どれくらいの勉強が必要か、熟知しております。そのため生徒一人一人に合わせた勉強スケジュールを立て、効率良く質の濃い勉強ができるよう正しく導きます。是非一緒に効率の良い勉強で国試合格を目指しましょう!

医学部OSCE実習コースの生徒の紹介

医学部OSCE実習コースを受講している生徒の1週間の様子

C.TさんはCBT試験の対策もあったため、OSCEの勉強と分けて行いたいという要望でした。土日に授業を入れたいとのことだったので、土日の週2回医学生道場に通いました。実際に医師講師と身体を使いながらOSCEの対策を徹底的に行いました。

1週間の様子

医学部OSCE実習コースを受講した生徒の声

C.Tさんの声「CBT対策はできても、OSCEの対策をできるところがないと思っていて、自分でなんとかするしかないと考えていたので、実際に相談に乗っていただいた時は本当にびっくりしました。CBT試験とOSCE試験の両方の勉強スケジュールを立ててもらえたので、きちんと勉強時間を確保することができました。試験当日は、道場の授業でたくさん練習した甲斐もあって、緊張せず試験に臨めました。」

教室長からのメッセージ

 OSCEは臨床実習に進む上で通らなければならない関門です。医学生道場では臨床現場に出ている現役の医師講師が揃っているので、OSCE対策を徹底的に行います。OSCE対策で悩んでいる方、是非一度お問い合わせください。一緒にOSCE実習を乗り越えて進級を目指しましょう。
他のコースも見る

YouTubeで医学生道場の様子をご紹介しています。是非ご覧下さい。

igakuseidojo-channel
品川校
品川駅高輪口から徒歩5分
〒108-0074
東京都港区高輪3-23-14-204
新宿校
新宿駅東南口から徒歩5分
〒160-0022
東京都新宿区新宿4-3-30-501
吉祥寺校
吉祥寺駅から徒歩5分
〒180-0005
東京都武蔵野市御殿山1-7-12-805
秋葉原校
秋葉原駅から徒歩5分
〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町2-22-301
名古屋校
名古屋駅から徒歩5分
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅3-23-6-2B(2階)
大阪校
西梅田駅から徒歩5分
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2丁目3-13 1301号
難波校
地下鉄なんば駅より徒歩5分
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中2-6-13ゴールドナンバ竹田4階
福岡校
JR博多駅より徒歩3分
〒812-0012
福岡県福岡市博多区博多駅中央街5-12博多東ビル204号室
通信教育(オンライン)
日本全国どこでも通信による個別指導が可能です!
※受付時間は13:00~21:00です。
※定休日は水・木曜日となります。