医学部で医学生が留年しない通信教育も可能な個別指導塾

医学生道場
医学生・保護者専用ダイヤル
予備校は土日祝日も休まず営業中!
受付
13〜21時
定休
水・木
他のご用件:070-2177-0777
医学部向けブログ
2017.10.16
橋本将吉

【医学生へ】CBT対策の、情報がありません(´・ω・`)

こんにちは。医学生道場の代表の橋本です。

 

最近はインターネットが当たり前になってきたにも関わらず、この医学生道場のホームページ以外には、あまり医学生のCBTに関する情報が無いのが現状です。

 

そこで今回は、医学生とその親御さんに向けて、CBTに関するコラムを書いてみたいと思います。

 

まずはいつも通り、私と医学生のよくあるやり取りについてお話したいと思います。

 

医学生

「先生、医学生に向けてのCBT情報って、中々ないですよね」

 

橋本

「そうだねえ。医学生に向けてのサービスをしている会社自体が無いからねえ」

 

医学生

「なるほど。そして、先生はどうして医学生向けの情報を?」

 

橋本

「まあ、初めは趣味だったよ。パソコンが趣味だったから、困ってる医学生に何か書こうかなって」

 

医学生

「先生のコラム、医学部の生徒だったら聞きたい事、沢山書いてくれてますもんね」

 

橋本

「そしていずれ、君も医師になったら、後輩たちに向けて書いてみたいと。下の世代に「恩をおくる」という、素晴らしい心意気だ!褒めてつかわす!」

 

医学生

「何を勝手に話を進めてるんですか 笑 これからも、僕たち医学生にとってタメになるコラム、「一人で」書き続けて下さいね(・ω・)ノ」

 

橋本

「一人でって言ったな~~!(;O;)」

 

☆医学生に向けた情報はなぜ無いのか?

医学生に向けて発信されているCBTの情報はなぜ無いのでしょうか。ちょっと考えてみたいと思います。

 

そもそもインターネットの世界では、情報発信の目的が決まっていると思います。それは、「商品販売と企業広告」そして「自己満足」です。

 

商品販売や企業広告のイメージは湧きやすいと思います。

 

例えば、大きな上場会社が株主に向けての情報を発信したり、買ってほしい商品を販売したりするためのホームページですね。

 

洋服、車、参考書など、もはや買えないものはありませんよね。

 

ホームページを作っている方としては、いかに沢山の人に見てもらって、アピールできるかが重要になってきます。

 

一方で「自己満足」と言うのは、個人のブログや自己紹介など、書いていて楽しい、他の人も読んでいて楽しいというものです。

 

沢山の人に読んでもらえると嬉しいというのが、書いている人の気持ちとしては一般的かもしれません。

 

察した方もいるかもしれませんが、どちらにしても「沢山の人に見てもらう」というのが目的なのです。

 

しかし、医師や医学生の人数は、すごく限られた人数しかおりませんので、それらの目的が達成できないのです。

 

そういった大人の事情が、医学が喜ぶような情報が発信されていない、大きな理由の一つなのです。

 

☆もう一つ大きな理由!書ける人がいない!

さらにもう一つの大きな理由は、書ける人がいない、という事です。

 

医学生に向けて情報を発信できるのは、その苦労を乗り越えたことのある医師だけです。

 

そうでない人が書くのは、私が不動産屋さんについて語るようなものです(-_-メ)

 

もちろん、医学に詳しいだけでは、医学の教育については語れません。

 

教育について語れるような人は、恐ろしく勉強したことのある人や、教育事業に長く携わって経験豊富な先生だけです。

 

誰も、力のない偉そうな先生に教えてもらいたいと思いませんよね(/ω\)

 

「医学や医療に関係している難しさ」と、「教育の難しさ」がかけ合わさってしまっているのが、「医学生に向けたコラム」なのです。

 

私はこの難しさを楽しんでいる職人気取りです(・ω・)

 

☆じゃあ、CBTについての情報はどこで手に入るんですか?

医学生に向けた情報が少ない理由は、分かってくれたかと思います。

 

それでは、CBTについての情報はどこで手に入るのでしょうか。

 

本当に基礎的なことであれば、五年生か六年生の先輩に聞けばわかるかもしれません。

 

また、CBTを実施している団体「医療系大学間教養試験実施評価機構」のホームページにも、ある程度は載っています。

 

試験についての概要は、次の項目にまとめました。

 

☆前提! CBTについての基本知識

まずは基本に立ち返ります。

 

CBTとは、そもそも何でしょうか。

 

実は、CBTとは、computer based testingの略で、医学部の試験だけでなく、ほかの分野にも使われる単語です。

 

ですが、本コラムでは、医学部のCBTということで話を進めていきます。

 

団体のホームページに書いてあることを簡単にまとめると、「病院実習前に必要な知識があるかを測る試験」となります。

 

また、CBTの特徴として、ランダムに試験問題が出されるという点があります。

 

この時、受験者ごとに難易度に差が出ないように、コンピュータ上で調整がかけられています。

 

そして、出題される問題についてです。

 

採点の対象となるのは、「プール問題」と呼ばれている問題です。

 

これは、前年までに出題された問題のうち、一定以上の正答率があった問題を指します。

 

さらに、採点基準についても、少し特殊です。その問題の正答率ごとに「重み」があって、それに従って採点されます。

 

そして、合格基準も大学ごとに異なっています。私のいた杏林大学では、試験の数か月前に合格基準が張り出されています。

 

最後に、出題範囲についてです。実は、医学部で習った知識全てが出るわけではありません。「コア・カリキュラム」という出題範囲があり、そこから出されます。

 

問題集の冒頭にも試験範囲が書いてあるので、そこを重点的に勉強するといいと思います。

 

☆いつから勉強すべきなの?

おそらく、これを読んでいる皆さんが一番気になる問題です。

 

CBT対策をいつから勉強すべきなのでしょうか。

 

特に、この試験が行われるのは、主に定期試験期間です。

 

あまり時間をかけすぎると、定期試験に落ちてしまいます。

 

橋本の感覚ですが、遅くとも二か月前には始めている人がほとんどでした。プール問題集を何周か回して受ける人が大多数でした。

 

最低限の勉強で受かりたい人は、これで十分だと思います。

 

最後まで読んでくれてありがとうございました。引き続き医学生道場のホームページをお楽しみくださいませ。

 

医学生道場 代表医師 橋本将吉

品川
品川駅高輪口から徒歩3分
〒108-0074
東京都港区高輪3-23-14-204
新宿
新宿駅東南口から徒歩5分
〒160-0022
東京都新宿区新宿4-3-30-501
吉祥寺
吉祥寺駅から徒歩5分
〒180-0005
東京都武蔵野市御殿山1-7-12-805
秋葉原
秋葉原駅から徒歩2分
〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町2-22-301
名古屋
名古屋駅から徒歩5分
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅3-23-6-2B(2階)
通信教育(オンライン)
日本全国どこでも通信による個別指導が可能です!
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。