医学部向けブログ
2018.08.30
橋本将吉

【医学生へ】生理学の試験で、具体的なテスト対策の方法!

こんにちは。医学生道場の代表の橋本です。

 

今回は、医学部の1年生と2年生に向けて、生理学の具体的なテスト対策の方法ついて、知ってもらいたいと思います。

 

解剖学の試験が一年生の後期からある学校や、二年生からある学校など、様々だとは思いますが、共通して言えることは、テストを乗り切らなければならないという事です!

 

それではまず初めに、ある医学部1年生の生徒さんと私のやり取りを、ご紹介したいと思います。

 

医学生

「先生、生理学がやばいです。テストが恐怖です。( ;∀;)」

 

橋本

「おおお!大丈夫か!そんな時は俺に任せとけ!

 

まず、生理学の勉強をする前に、机をセイリ整頓しようぜ。(/・ω・)/」

 

医学生

「何をどうしたらいいのかもっと真面目に、そして具体的に、教えてください。」

 

橋本

「かしこまりました。( ;∀;)」

 

ということで、今回は、生理学のテスト対策方法ついて、ブログを書いてみたいと思います。

 

気楽に楽しく読んでみてくださいね。(*´▽`*)

 

生理学の試験対策で重要な視点を三つ

今回は、生理学の試験対策で重要な視点を3つお話しします♪

 

理由その1 人間は細胞の塊だ!

早速ですが、所詮人間は、細胞の塊です!

 

その細胞の塊が「どのように動くのか」を学ぶ学問が、生理学です。

 

これを踏まえた上で勉強すると、生理学を広い視点で勉強する事ができます。(^ ^)

 

理由その2 細胞と細胞のつながり

次に、「細胞と細胞のつながりを意識する」という視点について、お話したいと思います。

 

イメージしてみてください。細胞と細胞はどのようにやり取りしているのでしょう?

 

細胞の定義は「生物の単位」と言われています。分かりやすく言い換えると「小さな生き物」です。

 

この、小さな生き物たち(細胞)が36兆個集まっているのが人間です。

 

その細胞達は、どのようにやり取りをしているのでしょうか。

 

それらは詳しくは、神経生理学、循環器学、呼吸生理学などで勉強することになると思います。

 

細胞と細胞がどのようにやり取りをしているのか?」を学ぶ事が出来る学問が、生理学です。

 

この視点を大事に持ちながら、勉強してみてくださいね。(*´ω`*)

 

理由その3 過去問をとにかく解こう!

では、どのように勉強したらいいのでしょう。

 

その答えは、過去問とレジメです。まずは、過去問をとにかく解いてみましょう。

 

過去問を解いていくと、生理学の概念が見えてくると思います。

 

過去問が身に付いたら、最後に大学で配られるレジメを見て、頭の中の知識を繋げてみましょう。

 

上記の紹介したやり方を実践すると、将来的に実力がつく試験勉強ができます♪

 

 

テスト対策の基本戦略を知ろう!

①現状を把握する

まず、今現在自分がどのポジションにいるのか見極めてみましょう!

 

自分の実力はどれくらいなのか、クラスの中で順位はどれくらいなのか、きちんと把握をしましょう!

 

自分の現状を把握することは、テストの基本戦略を立てる上で、とても大切です・

 

②ゴールを見定める 試験合格+実力アップ

次に、何を目指すのかを明らかにします。

 

例えば、実力をつけたいのか、生理学の本試験に合格したいのかなど、将来をはっきりさせます。

 

将来をはっきりさせることで他の科目にも繋がります!

 

③そのギャップを埋める作業=勉強

試験の出題のされ方は、大学によって様々です。

 

どの様な形式で出題されるのかを知ることで、勉強戦略が立てられます。

 

出題形式を把握をして、それに合った対策を練っていきたいですね。(*^^*)

 

具体的な生理の試験戦略

効率のいい試験戦力のコツについてお話しします♪

 

①現状とゴールをはっきりさせる

自分の目標を決めるのはとても大切になります。現状を把握して自分のゴールを気目ましょう。

 

例えば、目の前のテストをゴールにしましょう。目の前の試験を攻略するのに一番大切なのは過去問です。

 

過去問は全員が解いているので必須です。最初に、過去問を全て解いて覚えましょう!

 

②実力に繋げる

まずは、目の前の試験の点数をとれるようにします。その実力を次につなげて、将来に生かせる実力にしましょう。

 

目の前の試験は、短期的な視点であり、実力は長期的な視点です。

 

試験前の勉強だけしっかり行い、後々勉強した事を忘れてしまう医学生も少なくありません。それはもったいないですね。

 

ですから、目の前の試験をしっかりと勉強して、そのまま実力につなげましょう!

 

③そもそも実力とは?

実力とはそもそもなんでしょう。

 

それは、将来、他の科目の点数をとるためや、医者になった際に、患者さんからの疑問に分かりやすく答えることができる実力です!

 

ですから、実力目の前のテストも、どちらも疎かにせず頑張りましょう!

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

確かに生理学の試験対策は難しいです。

 

一番大こと事は、過去問を解けるようにする事です。

 

過去問を使って勉強をするということは、現状、将来、そして過程の成長も全て促してくれます!

 

難しいと感じることがあったら、是非気軽に医学生道場に相談してください(*^^*)

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

医学生道場 代表医師 橋本将吉

医学部生専門1~6年生、全学年対応!
吉祥寺校
吉祥寺駅から徒歩5分
〒180-0005
東京都武蔵野市御殿山1-7-12-805
新宿校
新宿駅東南口から徒歩5分
〒160-0022
東京都新宿区新宿4-3-30-501
品川校
品川駅高輪口から徒歩3分
〒108-0074
東京都港区高輪3-23-14-204
スカイプ校
日本全国どこでも授業可能です!