医学部向けブログ
2019.08.26
橋本将吉

医学部を放校するのは馬鹿!放校後の進路とは

医学部生の留年は年々増加傾向にありますが、それをきっかけに放校になってしまうのはあまりにも勿体ないのではないでしょうか。厳しい受験戦争を経てせっかく医学部に入学したのですから、みすみす放校になってしまう前に、しっかり対策を行いましょう。留年してしまうには学習方法に問題がありますので、専門的な塾への入学がおすすめです。

 

増加傾向にある医学部生の留年

 

医学部生は、以前に比べて大幅に留年率がアップしています。その理由としては一つではありませんが、必修科目やテストなどの増加に加えて提出しなくてはならないレポート、膨大な科目数など、難関を突破して大学に入学して晴れて医学部生になったのにこんなはずではなかった、という入学前との大きなギャップが理由として挙げられます。  医学部は、一科目でも落とすと留年してしまう可能性が高く、その後はあっという間に放校、ということも少なくありません。そこが他の学部との決定的な違いです。そのようなことにならないためにも、放校の原因になる留年だけは絶対にしないという強い意志が必要となります。  留年をしないためには、自己流の学習だけでは限界があります。進級が厳しいと感じたら速やかに専門的な塾での学習で、勉強方法を見直すのが得策です。医学生道場では、医師免許を持つ講師が指導にあたっておりマンツーマンで知りたい内容がわかるので、効率よく勉強が出来ます。

 

放校になって馬鹿を見る前に

留年を繰り返して放校になった場合には、せっかく厳しい受験戦争を勝ち抜いた医学部生には信じられないくらいの苦難が待っていることをご存知でしょうか。医学部生になったとしても、すべての人が医師になれるわけではありません。  ある例を見ると入学した人数の3分の1程度が留年をするという学校もあるほどです。年々進級の条件が厳しくなっている医学部では、不真面目でなくても十分に留年する可能性はあります。勉強が得意で医学部生になったとしても、気を抜くとあっという間に留年をしてしまい放校になったり他の学科に移動したりする生徒も多いです。  しかし、放校になった場合には編入も非常に難しいですし就職先も見つかりにくいのが実情です。医学部を再受験するという道もありますが、数年は無駄になってしまいますし就職先は公務員試験を受けたくても年齢がネックになることもあります。また、塾の講師などになる人も多く見られます。

放校にならないような学習を

医学部の放校は余程の馬鹿がなるもの、と思っていたら単位が1つ足りなくて留年になってしまいもう少しで放校になるところだった、という経験をした人は少なくないのではないでしょうか。医学生道場なら、後悔することにならないよう最適な学習スタイルを身に着けることが出来ます。単位を取得するためのノウハウを身につければ、医学部生としてストレートで卒業することが可能です。留年をすると友達関係がギクシャクして勉強が身につかなくなる、ということもあります。また、最適な学習スタイルを現役の医師や医師免許を持つ講師から指導を受けることで効率化させることが可能です。  せっかく医学部に進学したのに思うように成績が伸びない、このままでは留年してしまうかもしれない、と悩む前に医学生道場を利用してみてはいかがでしょうか。土日祝日も営業していますし、遠方の方はオンラインでの学習も可能です。

医学部放校の悩みは、意外と多くの学生に見られます。それは以前よりも医学部生の進級が難しくなったためで、学業だけでなく環境の変化による学力の低下など様々なことが考えられます。医学生道場なら、医師免許を持つ講師がマンツーマンで最適な指導をしてくれますので、留年や放校などの悩みを抱えている医学部生は手遅れになる前に通塾をおすすめします。

土日祝日も営業中!無料!お気軽にお問い合わせください!
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。
吉祥寺校
吉祥寺駅から徒歩5分
〒180-0005
東京都武蔵野市御殿山1-7-12-805
新宿校
新宿駅東南口から徒歩5分
〒160-0022
東京都新宿区新宿4-3-30-501
品川校
品川駅高輪口から徒歩3分
〒108-0074
東京都港区高輪3-23-14-204
秋葉原校
秋葉原駅から徒歩2分
〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町2-22-301
通信教育(オンライン)
日本全国どこでも授業可能です!
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。