医学部向けブログ
2019.09.14
tara

医者の転職理由で最も多いのは「家庭や生活事情」

高校や大学で長期間の勉強を続けて、やっと医師として働けるようになったのに、他の仕事をやりたくなって転職を決意した人も珍しくありません。給与の金額に納得できなくて転職を決めた医師もいますが、多くは家庭や生活事情が原因だと言われています。どういった理由で医師として働くのを辞めたくなったのか、その理由をいくつかご紹介します。

家族と一緒にいられる時間の短さ

医師という仕事はとても忙しいために、朝方に自宅を出発してから仕事が終わり、自宅に戻ってくるのは深夜ということも多いです。家に戻ってきても家族は全員寝静まっており、1人で夕食をとってから入浴して、そのまま静かに眠るという日々を過ごしている医師も大勢います。そのように、家族と顔を合わせる機会が少ない日々が嫌になり、転職をしたくなったという人が多いのです。  結婚したばかりでも、忙しさが原因で心が離れてしまう可能性もありますから、転職をするか悩んでいるのであれば、早い段階で家族と相談してみることをおすすめします。

子育て参加が難しい

男性医師の場合、子どもが生まれたから育児休暇を取りたいと考えても、医師という仕事は育児休暇がもらえない事も多く、奥さんに大きな負担をかけてしまう可能性もあります。そんな生活が嫌になって、家族を守るために医師の仕事を辞めて転職を決めた方も珍しくありません。また、女性医師の場合、産休・育休などから復職するのが大変なために辞めてしまったという現状は、いまだに多く聞かれます。育児参加のために転職を考えている方は、まずは求人情報などをチェックしておき、条件に合う職場を探してみてください。交通アクセスが良くて通勤にも時間のかからない、理想的な職場を見つけましょう。

健康的な暮らしを続けるのが難しい

仕事の忙しさに苦しんでいる独身の医師は、自宅に帰る時間が遅くなることが多いために買い物に出かける時間的な余裕もなくて、食事もファーストフードなどで済ませてしまうケースも増えています。栄養が偏った食事を続けているうちに、体内の栄養バランスも崩れて体調が悪化してしまい、病気に罹ってしまうことで医師として働くのが厳しくなったという例も珍しくないです。  給与の高い仕事をしているはずが、時間的な余裕が無いために、美味しい料理や旅行などといった趣味を犠牲にしてしまい、幸福度が低下している医師も多いでしょう。

 

「医学生道場」なら、無理のない働き方が可能です

 

医師の仕事を辞めてから医学部生専門の塾の講師として働く人は増えています。当社の医学生専門の予備校「医学生道場」は、留年対策や卒試・国試対策のためのサポートを行う個別指導塾です。医学生道場の講師の場合、医師として働いてきた経験を活かし、医師のタマゴたちが羽ばたくのをサポートするというやりがいがありながらも、自身は無理のない勤務形態で働くことが可能です。

定時退勤ができ、自宅に帰る時間も遅くならないために、家族と一緒に夕食をとることができるようになった、と喜ばれる方が多いです。定期的に休むこともでき、家族旅行に出かける時間的な余裕ができたという方もいます。忙しさが原因で自宅に帰れない日が多かった方も、子育てへの参加や、子どもとの交流、大きくなった子どもの勉強を手伝う時間的な余裕をつくることができます。また、医学生道場の校舎は都内4か所、そのすべてが駅から徒歩5分程度の立地です。時間的余裕も生まれますので、健康的な暮らしや、趣味の充実を見込むこともできるでしょう。

病院などで医師として働いていても、幸せな日々を過ごせないと感じて転職を決意した人も、医師以外に転職するという選択を検討することで充実した日々を過ごしています。時間的な余裕を持てるおかげで、家族と一緒に過ごせる時間が増えたり、自分のために時間を使えたりするようになるのが、医師以外の職で働くメリットのひとつです。

土日祝日も営業中!無料!お気軽にお問い合わせください!
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。
吉祥寺校
吉祥寺駅から徒歩5分
〒180-0005
東京都武蔵野市御殿山1-7-12-805
新宿校
新宿駅東南口から徒歩5分
〒160-0022
東京都新宿区新宿4-3-30-501
品川校
品川駅高輪口から徒歩3分
〒108-0074
東京都港区高輪3-23-14-204
秋葉原校
秋葉原駅から徒歩2分
〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町2-22-301
通信教育(オンライン)
日本全国どこでも授業可能です!
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。