医学部向けブログ
2019.09.14
tara

転職時の退職メッセージ例文|社内・社外別に解説

転職をする際に必要なのが現職への報告です。完全な内勤では社内のみで完結しますが、外回りの営業の方などは社外への報告も必要になってきます。退職メッセージといわれてもどのようにするかピンとは来ないものです。転職するとき、今の職場の退職はどのようにすればよいのか、円満に転職をしていくには不可欠なので、それらについて解説していきます。

社内で完結する場合の方法

本社勤務の方などは社内完結の場合が多いかもしれません。ですが、取引先の担当者だったりすると話は変わってきますのでその場合は社外にもメッセージの伝達が必要です。基本的には、メッセージを送る相手がその後もその会社で勤務し続けることを配慮した文章にする必要があります。現職への不満や愚痴を書き出したりすることはしてはいけません。転職である以上は何かしらの不満が転職事由として挙がるかもしれませんが、挨拶する場面では置いておきます。転職事由を赤裸々にしてしまうことで、その後も働いていく同僚たちのモチベーションを低下させてしまうのは言うまでもないことです。円満転職するためには、そのあたりの事情は省いてスマートに伝えることが大切です。メッセージとしては現職にお世話になったことなどの感謝のメッセージがあると印象が良いでしょう。この後どうしていきたいかという抱負はあってもよいのですが、次の勤務先を大々的に書くのも避けたいところです。それらに気を付けさえすればそこまで難しくないメッセージが出来上がると思います。印象を壊さないようにスマートに、が大事です。

社外のあいさつが必要な場合

営業の方だと転職の際、社内のほかに取引先へのあいさつも欠かせません。引き継ぎはどの部署でもあるのでそれは別として、転職に係って担当者が変わる報告は必要です。直接顔を合わせて伝えるのがベターではありますが、事前に電話やメールといったところを利用してメッセージをあらかじめ送っておくのも一手です。もちろん、この場合においてもスマートさが重要。社外においても無用な事は書かないのが無難です。社内ならまだしも、社外宛てのメッセージに要らぬことを載せてしまっては、転職以後の現職のイメージが悪くなるのは言うまでもありません。転職するまではまだその現職なのですから、社の看板を背負っていることを忘れないようにしましょう。また、後任者に同伴してもらい、その紹介も必要になります。いきなり取引の担当者が変わっても、やはり印象は悪くなってしまいます。直接伝える際はこういったエクスキューズもお互いのためには必要です。

それ以外に必要なところは

社内外で完結する方もいらっしゃるとは思いますが、それ以外にも必要な場合はあります。医師といった職業はいつもの患者さんにも伝えておくなどの配慮は必要だと思います。転職してしまうと違う医師がその患者さんを担当されます。しかし、患者さんから見た時にいつも見てもらっていたお医者さんが安心だという方が多いです。なので、こういった場合にもそういったエクスキューズを挟むことで配慮を示す必要があります。後任者を紹介するところまでできれば完璧ですが、医師は緊急性が高い職業なので難しいところはあると思います。転職するうえで、こういった周りへのあいさつ、それに関する気遣いは必要になってきます。普段の仕事が一人ではなく何人かで成し遂げる仕事であればそれはなおさらのことです。一人の戦力を失うというのは現職では些末なことでは済まないことですので挨拶は欠かさないことが肝要です。

以上のように、転職といったところでは配慮とか気遣いがいつも以上に必要です。お互いにとって円満な形で去れるように努めることです。現職からしても、転職する当人からしても後味悪く終えることは避けたいものです。会社への不満はその場面では置いておいて、感謝の言葉、あいさつを済ませていいかたちで次に繋げるようにしたいものです。

土日祝日も営業中!無料!お気軽にお問い合わせください!
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。
吉祥寺校
吉祥寺駅から徒歩5分
〒180-0005
東京都武蔵野市御殿山1-7-12-805
新宿校
新宿駅東南口から徒歩5分
〒160-0022
東京都新宿区新宿4-3-30-501
品川校
品川駅高輪口から徒歩3分
〒108-0074
東京都港区高輪3-23-14-204
秋葉原校
秋葉原駅から徒歩2分
〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町2-22-301
通信教育(オンライン)
日本全国どこでも授業可能です!
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。