医学部で医学生が留年しない通信教育も可能な個別指導塾

医学生道場
医学生・保護者専用ダイヤル
予備校は土日祝日も休まず営業中!
受付
13〜21時
定休
水・木
他のご用件:070-2177-0777
医学部向けブログ
2019.09.14
tara

東京都で医師が転職する方法と転職先の選び方

医師として働く事をずっと夢見てきた人であっても、仕事の忙しさやキャリアアップの難しさに心が折れて、転職をしようか迷っている例も珍しくないです。そのまま医師の仕事を続けていても余裕のある生活を続けられるか不透明ですから、医師の転職を成功させるために東京都で求人情報を探すコツなどをいくつかご紹介します。

産業医の仕事に向かない人

病院だけが医師の職場というわけではなく、企業で働く従業員の健康診断やメンタルヘルスに関する相談を受け付ける、産業医として働き始める医師もいます。多くの企業が産業医を必要としているために、東京都で産業医としての転職先を選ぶ事に苦労はしませんが、本当に自分に合う仕事なのかチェックする事も重要です。産業医は多くの従業員からの相談を受ける事になるので、他人の悩みを聞いているうちに自身の精神が病んでしまう場合もあります。  他人の苦しみを受け止め続けるのが辛いと感じる人は、産業医ではなく医学部生専門の塾の講師などの仕事を始めるために、東京都の転職先を探してみてください。医学部生専門の塾の講師であれば、生徒に勉強を指導しているだけでも給料がもらえますし、前向きに勉強を頑張っている生徒から元気をもらえます。産業医の仕事もやり甲斐はあると好評ですが、更に楽しい仕事があるかもしれないと考えて、医師の転職に関する情報をチェックしてください。

メディカルドクターの責任

病院から製薬会社に転職する医師も多いです。製薬会社で働く医師はメディカルドクターと呼ばれており、新薬の臨床試験や治験の企画立案などを行う仕事です。今までの医師としての経験が活きるので、メディカルドクターの仕事を楽しく感じている医師も大勢いますが、一方でグループ内の問題に悩んでいる人も珍しくないです。メディカルドクターは医師同士の情報交換などの連携が重要になるために、コミュニケーションスキルが不十分だと仕事の足手まといになってしまう可能性もあります。  医師同士での話をまとめるのが苦手であったり、企画を立案する事にプレッシャーを感じたりしてしまう人は、メディカルドクターではなく医学部生専門の塾の講師に転職するのがおすすめです。新しい企画をまとめるために何日間もアイデアを練ったり、周囲の医師とのコミュニケーションを重視したりしなくても、生徒と向き合っているだけで医学部生専門の塾の講師として働くことができます。

公衆衛生医として働く理由

医療機関での仕事を辞めた後に公衆衛生医に転職する人も増えており、全国市町村の保健所で地域保健医療の発展をサポートするのが公衆衛生医の役割です。感染症の拡大防止や薬物乱用防止などのサポートを行い、健康的に暮らせる人を増やすために公衆衛生医は活用しています。立派な仕事ではあるのですが、定期的に違う場所に移動しながら講演を開いたり、感染症の防止運動を行うために移動時間が長くなったりしてしまう事も珍しくないです。  なるべく同じ場所で仕事をしたいと考えているのなら、同じ建物の中で授業を行う事で給料をもらえる、医学部生専門の塾の講師に転職する事をおすすめします。塾は交通アクセスの良い場所にある事が多いために、自家用車や電車を使った通勤も気楽に続けられて、移動時間の長さに悩まされる心配もありません。給料も十分に高くて仕事のやりがいも感じられる、最高の職業として医学部生専門の塾の講師は注目されています。

産業医やメディカルドクター、公衆衛生医など医師の転職先はいくつもありますが、病院で医師として働いていた時と同じぐらい苦労する場合もあります。、やりがいを感じたいと思っているのであれば、給料の高さでも評価される医学部生専門の塾の講師に転職して、生徒の成長を見守る仕事をするのは、いかがでしょうか。

品川
品川駅高輪口から徒歩3分
〒108-0074
東京都港区高輪3-23-14-204
新宿
新宿駅東南口から徒歩5分
〒160-0022
東京都新宿区新宿4-3-30-501
吉祥寺
吉祥寺駅から徒歩5分
〒180-0005
東京都武蔵野市御殿山1-7-12-805
秋葉原
秋葉原駅から徒歩2分
〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町2-22-301
名古屋
名古屋駅から徒歩5分
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅3-23-6-2B(2階)
通信教育(オンライン)
日本全国どこでも通信による個別指導が可能です!
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。