医学部向けブログ
2019.09.14
tara

スポット医師のアルバイトの探し方。空き時間で効率的に副業!

医師になった場合でも、必ずしも1つの病院にいるとは限りません。正式に就職していない場合や独立していない場合は、アルバイトなどで生活することもあるでしょう。このような場合、様々なアルバイトがありますのでそれぞれ試してみると良いでしょう。中でも、注目の医師アルバイトの1つがスポット医師になります。

スポット医師とはそもそも何か

医師にも様々な仕事がありますが、アルバイトとしてスポット医師と呼ばれるものがあります。スポット医師とは、正式に採用されたわけではないけども、たまたまその病院に医師が少ない場合に医師としてその病院に行くことです。正式な勤務医と異なるのは、長いあいだそこにいるとは限らないことです。大抵の場合アルバイトで埋め合わせのためにやっているだけですので、数週間から数カ月で終わることも少なくありません。 短期間で終わるメリットの一つは、働いた場所があまり良い環境ではなかった場合です。もしそこに就職してしまったとすれば、いつまでもつらい現場で働き続けなければいけません。せっかく医師になったのに、自分が精神的に弱ってしまいほかの医師に診てもらわなければならないとなれば本末転倒です。そのように考えれば、スポット医師のように短期間で場所を変えることができることは大きなメリットと言えます。

スポット医師の問題点とは

スポット医師になったときの問題点は、メリットの真逆になります。つまり、せっかく医師として働き始めたのに、よい現場だとしたらいつまでもそこにいたいと感じるでしょう。ですが、短期間の契約になので長期的にそこに勤めることはできません。そもそも、なぜ短期間だけ募集されるかといえば、例えば女性の医師がいた場合、妊娠している際は産休で休むことになるでしょう。その期間は半年程ですが、場合によっては3カ月くらいで復帰することもあります。その間だけ、スポット医師は臨時の医師として勤めることになります。 また、医師を募集する際、最初にスポットを募集するようなこともあります。正式に採用するかどうかは別として、一時的に穴を埋めるために医師として働いてもらうためです。
空いている時間を上手に使おう

空き時間を有効に使うことができるのが、スポット医師の大きなメリットです。正式に雇われている立場ではありませんので、高い給料をもらうことはできませんが、それでも医者としての仕事を経験することができるでしょう。また、医者は単に患者さんの病気を治せばよいというわけではなく、患者とのコミュニケーションが重要です。 コミュニケーション能力は訓練と勉強をすれば身につけることができ、医師としての仕事を経験することでそれを培うことができます。スポット医師として勤めあげることで勉強になることはたくさんあります。もし迷っている場合には、積極的に応募してみましょう。

医療行為以外の新しいキャリア

 

医学生の進級・卒業・医師国家試験合格をマンツーマンでサポートする「医学生道場」では、臨床現場で経験した内容や自分が医学生当時の経験を医学生に教育・指導する医師講師を募集しています。

「一人でも多くの後輩を医師にしたい」という熱い思いをもって、「未来の医療」へ繋がる貢献をしたい志を持っていらっしゃる方はぜひご連絡ください。

雇用契約、業務委託契約、非常勤講師などライフスタイルに応じた雇用契約を選択いただけますし、報酬についても医師の平均時給をベースとしています。吉祥寺校、新宿校、品川校、秋葉原校と勤務地もお選びいただけます。医師免許保有者であれば年次は問いません.

若い先生や子育て中の女性医師も大歓迎していますのでお気軽にご相談ください。

土日祝日も営業中!無料!お気軽にお問い合わせください!
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。
吉祥寺校
吉祥寺駅から徒歩5分
〒180-0005
東京都武蔵野市御殿山1-7-12-805
新宿校
新宿駅東南口から徒歩5分
〒160-0022
東京都新宿区新宿4-3-30-501
品川校
品川駅高輪口から徒歩3分
〒108-0074
東京都港区高輪3-23-14-204
秋葉原校
秋葉原駅から徒歩2分
〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町2-22-301
通信教育(オンライン)
日本全国どこでも授業可能です!
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。