医学部向けブログ
2019.09.14
tara

医師としてキャリアアップすべきか転職すべきか。運命の分かれ道の選び方

医師になったらその先の選択肢としては、病院内でキャリアアップを目指すしかないと思っていませんか?医師としてキャリアアップするのではなく、別の仕事に転職するという選択肢もあります。運命の分かれ道でどのような選択をするかは、今後の人生に大きく関わってきます。存在する選択肢を把握した上で、自分に合った道を選べるようにしましょう。

そのほかの選択肢を知ろう

苦労して医師免許を取ったのだから、今後の人生の選択肢は医師としてのキャリアアップ一択だと思っていませんか?人によっては出世を目指さなければ、せっかく取得した免許が無駄になると自分を思いつめてしまうこともあるでしょう。ですが、出世などの人間関係が嫌になっているような状況ならば取得した免許を無駄にせずに、転職を検討するというのもひとつの手です。  医師免許を活かして転職できる仕事は、様々なものが存在します。実際にどのような選択肢があるのか把握した上で、自分にはどのような道が適しているのか考えていくことが大切です。後悔しないように、人生の選択肢でどのような道を選んだらいいのか考えていくのが、重要なのです。例えば、選択肢の1つに、医学生道場(医学部生専門の塾)の講師になるという道もあげられます。自分が医学部に通った経験や医師として働いた経験を活かしつつ働くことが可能です。

後世を育成するという選択肢

医学部専門の塾を選ぶことには、どのようなメリットがあるのでしょうか。そのポイントとして挙げられるのが、自分の今までの経験を最大限に活かして働くことができるという点です。医学部に入るだけでも、ほかの学部とは異なる苦労が見られます。受験への不安や勉強方法がわからずに、困っている医学部志望の学生も多くいます。その学生に自分の受験の経験を伝えられるというのは、後世の育成においても意味があることです。  また、医学部を目指す学生にとってのゴールは大学に入ることではなく、卒業後に医師として働くことです。そこで、実際に医師として働いた経験がある方が塾にいることで、学生は彼らから、今までの経験を知識として聞くことができます。学生のうちからやっておいたほうがいいことや受験上の注意点を経験者の方から聞けるというのは、受験生にとって貴重なチャンスです。そのチャンスを与えることができるという意味でも、医師からの転職で医学部専門の塾を選ぶのもメリットが生まれます。

スケジュールの把握もしやすい

医師から転職を検討するメリットの1つに、スケジュールの管理がしやすくなるという点があげられます。担当している診療科や病院にもよりますが、夜勤や急患の対応なのでまともに休みが取れないという医師の方も多くいます。患者の命を救うために必要なことだとわかっていても、夜勤が続くとストレスがたまり、体調不良の原因になってしまうこともあります。医師が責任ある仕事だとしても、そのような環境に長く身を置くとストレスがたまりやすいのです。  一方で転職して医学部専門の塾を選ぶことで、夜勤や急患などの対応はなくなります。仕事のスケジュールが把握しやすくなることで、プライベートの時間も安定して確保することにつながります。患者だけではなく自分の健康やメンタルを良い状態で保つためにも、転職を検討するのも1つの手です。医師として働くことだけが道ではないという点を把握して、転職も含めて自分の人生を考え直してみることも必要です。

医師の道は病院で働くだけではなく、医学部専門の塾で働くという選択肢もあります。転職という選択肢を選ぶことで、自分で患者を救うという道以外にも後世の育成という道を選択できます。また医学部専門の塾で働くなら、夜勤もないのでスケジュールの把握がしやすいというメリットもあげられます。受験や医師として働いた経験を後世に伝えて、これからの医学の進歩に貢献する道を検討してみてはいかがでしょうか。

土日祝日も営業中!無料!お気軽にお問い合わせください!
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。
吉祥寺校
吉祥寺駅から徒歩5分
〒180-0005
東京都武蔵野市御殿山1-7-12-805
新宿校
新宿駅東南口から徒歩5分
〒160-0022
東京都新宿区新宿4-3-30-501
品川校
品川駅高輪口から徒歩3分
〒108-0074
東京都港区高輪3-23-14-204
秋葉原校
秋葉原駅から徒歩2分
〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町2-22-301
通信教育(オンライン)
日本全国どこでも授業可能です!
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。