医学部向けブログ
2019.09.14
tara

放射線科医の仕事と転職におすすめの医師以外の職業

放射線科医は放射線を使った医療行為を行う医師です。昨今の診断技術などの進歩によりその需要が高まっており、中には病院以外でも活躍する方もいます。そこで、放射線科医の転職先や仕事の内容について紹介していきます。これから医師免許を取得しようとしている方にとって、非常に役立つ有用な情報となっています。

そもそも放射線科医の仕事とは

放射線科医は主に放射線診断学と放射線治療学の2つに精通しているところに特徴があります。昨今ではインターベンショナルラジオロジーが発展してきたことが知られており、大学病院などではその技術を使った診断などが行われ、注目されています。日本ではCTやMRI装置の普及率が世界一となっており、身体を傷つけることなく調べられる点が高い評価を受けています。行われた検査からたくさんの情報を収集し、身体の問題を見つけることが主な仕事です。情報を得るのは機械の技術ですが、それを見るのは医師であり、医師によって分析の能力に違いがあります。万が一、そこに潜んでいる病気を見逃してしまった場合、患者さんにとって大きな影響が出てしまう恐れがあるため、重大な責任を担っていると言えます。一方で正常な状態にもかかわらず、誤って病気と診断してしまうと患者さんを不安に陥らせてしまいます。それらを理由として重要な責任を持つ職業をいえるでしょう。

企業で画像診断を行う

放射線科医の大半は医療施設で働いています。しかし、全ての医師が病院で働いているわけではなく、他にも転職先の候補があります。それは企業です。昨今では企業においても画像診断が行われており、利用者に向けた診断を行っています。どうして病院で行わないのかと思う方もいるかもしれませんが、健康に過ごしている方にとって病院に行くというのは何となく気が引けるというケースも多く、診断を受けたい一方で医療施設には行きたくないという方もいます。そのため、企業で画像診断を受けられるようになっているということです。企業と医療施設を比べるとその技術においてやや企業が劣るものの、画像診断の重要性に違いはありません。いずれの場合でも高度な分析技術が必要となっているといえるでしょう。今後様々な診断方法が生み出されることになれば、一層高いレベルでの分析が求められることになる可能性も高く、需要がより高まります。

CTやMRIの開発に回る

放射線科医の資格を持っている方はCTやMRIの開発に回るという転職の方法もあります。CTやMRIは既に完成された技術ですが、これから先、一層進化していくと考えられています。それゆえに開発側に転職することも可能です。放射線科医の資格を持っている方はその分野のスペシャリストなので、開発や技術革新の側になっても活躍することができます。他にも、画像診断機器を作る側になるという選択肢もあります。医師として実際に画像診断などを行っていると、どのような機能があれば良いかわかることもありますそういった医師目線の経験を活用し、製品作成などの分野へと転職していく方もいます。医療分野以外で活躍したい場合は、医師だったからこそわかる経験や知識が重要といえるでしょう。CTやMRIを開発したいという方にはうってつけの転職となっています。

医学生をマンツーマンで指導する講師となる

 

数多くの職場がありますがそれらの中でも特に支持を得ているのが、高収入でしっかりと休日も取得できる医学生専門の個別指導塾の講師です。現役の医師が唯一講師として医学生を指導する「医学生道場」では、医師を目指している学生の夢のサポートしたいというやる気に満ちた医師講師を募集しています。給料は比較的高額で安定しており、安心して長く勤めることが可能な働き方です。残業などもなく定時で帰れる職場をお探しの医師には、ぴったりの転職先といえます。

土日祝日も営業中!無料!お気軽にお問い合わせください!
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。
吉祥寺校
吉祥寺駅から徒歩5分
〒180-0005
東京都武蔵野市御殿山1-7-12-805
新宿校
新宿駅東南口から徒歩5分
〒160-0022
東京都新宿区新宿4-3-30-501
品川校
品川駅高輪口から徒歩3分
〒108-0074
東京都港区高輪3-23-14-204
秋葉原校
秋葉原駅から徒歩2分
〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町2-22-301
名古屋校
名古屋駅から徒歩5分
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅3-23-6
通信教育(オンライン)
日本全国どこでも授業可能です!
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。