医学部向けブログ
2019.09.14
tara

医学部の卒業試験対策をするなら通信教育を活用!

医学部に通っている学生は、大学を卒業後に医師として職務を全うすることができるかを問うために、大学によっては卒業試験が課されます。6年間の授業に出席し、単位を落とさないで学習していても容易に卒業試験に合格するレベルに達することは難しい試験です。いまでは進級や医師国家試験に合格するための医学生専門の予備校がありますが、大学や住まいの最寄り駅に予備校がなく通うことができないという医学生の悩みが多く寄せられます。

そのようなときは、通信制の予備校を検討してみてはいかがでしょうか
通信教育を活用するメリット

通信教育は独学で学習する上では優れたシステムで、学校では学習できないことを身に着けることができることも多いです。学校での授業を受けただけでは専門的過ぎてなかなか理解できないこともあります。 加えて周囲の学生と一緒に授業を受けることが多いため、その雰囲気に流されてしまい、理解しながら学習を行うことが難しいのも事実です。特にエリート意識の高い医学部の学生だと、自分が理解できていないことを表明することも難しかったりします。 そのため医学部に通う学生こそが、学校の授業の他に通信教育で勉強を行っていくことは、これからの時代に必要不可欠になるのは言うまでもありません。学校の授業も進級や卒業のための試験も、最終的には自分自身が回答をしなければならず、医学部の様な専門的な学部では授業だけでは足りないので、通信教育による補修を行うことが必要になるのです。 学校の授業と並行して学習しやすいのも大きなメリットになります。

医学部の通信教育の最前線とは

医学部には通信課程は存在せず、すべて全日制で学習するのが教育の流れです。学校に通い、朝から晩まで授業を受け、実際に自分の目指す分野に進んでいく形になります。 医学部の授業の流れは、講義を受けることと実習を行うことの繰り返しをベースに行います。講義では必要な知識を習得、実習では実際の臨床に近いことを行い、具体的に医師として活躍するための必要なことを覚えていきます。 当然、講義や実習を受ければ試験が課され、進級や卒業においても試験を受けることになります。それだけ、医師とは人命を預かる大きな責任が伴い、ミスが許されない仕事であるため、試験ばかりなのは当たり前のことかもしれません。 一般的な大学の単位取得では、試験だけでなく論文を要求されることもあります。こうした医学部に通う学生が自身の能力をアップさせるためには通信教育で学習することが有効です。 今の通信教育では、web上で映像など駆使して学習できるようになっており、以前よりも格段に充実した環境が揃っています。

卒業試験対策に活用できる通信教育

卒業試験は、6年間の総括として大学側が行う試験です。もちろん授業を熱心に聴講した学生が有利になのは間違いありませんが、入学した初めのころに学習したことが出題されることもあります。 なお、大学によって医学部での卒業試験の出題傾向は変化しますが、出題されやすい問題が共通してあるのも事実です。つまり大学ごとの医学部の教育レベルにはそれほど差がなく、通信教育を活用して学習することでどの学校の卒業試験対策も行うことができます。 現在の医学部の学生向けの通信教育の講座は、実際の体の器官を撮影した動画を駆使し、わかりやすく解説されています。医学部に通わない学生でも解るようにも解説されていることもあり、志があれば学習できるのも確かです。 自分の弱点となる分野をそれで補修しておけば、卒業試験に対しても有効な対策になります。
専門的知識をしっかり習得する上でも通信教育での学習はおすすめです。医学部に通いながらでも独学で可能なので、卒業試験の対策にも活用できます。 6年間で学ぶことが解りやすく学習できる環境が整備されており、授業の補講や試験対策、独学まで幅広く活用できることも大きなメリットです。

土日祝日も営業中!無料!お気軽にお問い合わせください!
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。
吉祥寺校
吉祥寺駅から徒歩5分
〒180-0005
東京都武蔵野市御殿山1-7-12-805
新宿校
新宿駅東南口から徒歩5分
〒160-0022
東京都新宿区新宿4-3-30-501
品川校
品川駅高輪口から徒歩3分
〒108-0074
東京都港区高輪3-23-14-204
秋葉原校
秋葉原駅から徒歩2分
〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町2-22-301
通信教育(オンライン)
日本全国どこでも授業可能です!
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。