医学部向けブログ
2019.09.14
tara

医学生予備校は進級に悩む生徒におすすめ!自己流の非効率を打破

大学の医学部に入るための予備校は広く知られていますが、最近は医学部に合格した後に進級や卒業のために通う予備校が登場して話題になっています。 医学部の学生を対象にした予備校が人気を集める理由のひとつが、医学部の進級ハードルの高さです。 どの学部にも留年する学生はいますが、医学部は留年する学生が増えています。

医学部で留年する学生が増えた理由

医学部での留年率が増えた理由のひとつは、厳しい判断基準です。 他の学部と比較してみると、医学部の厳しさがよくわかります。 教養の後の授業は必修で、1つ落としただけでも進級ができなくなります。医学部の学生にとって、無事に進級することはとても重要なことです。そのために大切な正しい学習方法を教えてくれるのが医学生のための予備校です。 医学生道場もそのひとつで、確実に進級して卒業したいと考えている学生には様々なメリットがあります。特筆すべき特長は、現役の医師が講師として指導してくれる点です。 医師を目指して医学部に入学した学生にとって、憧れの医師が指導してくれることは大きな魅力になります。 医師講師も医学生の時代に苦労した経験があるので、学生の気持ちがよくわかります。

臨床経験が深い指導につながる

医学部で学ぶ学生と現役の医師の違いは臨床現場での経験の有無です。 医学生道場で学ぶことで、医師が持っている臨床の視点を身につけることができます。 臨床の視点から試験問題を解けることは、医学部の学生にとって大きな利点になります。 医学は範囲がかなり広く、奥も深い学問です。 医学部に入ったばかりの学生にとっては、手探りの状態が続くこともあります。 医学生道場で行われている個別指導は、医学を体系化している医師が指導します。 医学の本質を授業で学ぶことができる点や、現役の医師から学ぶことで医学生のモチベーションが高く維持される点など、学生が得るものは大きいです。 医師の指導で知的好奇心が刺激され、嫌々やっていた勉強が好きになった学生もいます。 アメリカではポピュラーなコーチングが日本でも話題になっていますが、医学生道場で行われている授業もコーチングの側面があります。

個別指導で効率よく学習

医師の合理的な個別指導はコーチングとしても優れています。 定期的に個別指導を受けることで学習ペースを自分で管理できるようになります。 医師から1週間に1度指導を受けることで、学習計画通りに進めているか定期的にチェックを受けることができます。オリンピックに出場するような高いレベルのアスリートには、必ず優れたコーチが付いていますが、医学部の予備校では講師がコーチの役目を担います。 コーチが指導を行うことで、生徒は自分のことをきちんと管理できるようになり、 無駄のない効率的な勉強ができるようになります。順調に勉強が進めば自信が付き、留年する恐怖も消えていくでしょう。また、 医学生道場には自習できるスペースがあり、個別指導がない日でも充実した学習時間を過ごすことができます。自宅では集中できないという人にも、勉強に専念できる自習室はおすすめです。 どのスクールも最寄り駅から近いので、アクセスも簡単学校の帰りに気軽に寄ることができます。
予備校は常に医学生の味方です。 難関の医大に入学できても、医師になるための勉強がさらに何年も続くことになります。 勉強に追われる日々を有意義に過ごすには多くのサポートが必要です。 医学生道場には医学系予備校としての実績があるので、安心して個人指導を受けることができます。 定期的に通うのが難しい場合は、直前コースもあります。

土日祝日も営業中!無料!お気軽にお問い合わせください!
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。
吉祥寺校
吉祥寺駅から徒歩5分
〒180-0005
東京都武蔵野市御殿山1-7-12-805
新宿校
新宿駅東南口から徒歩5分
〒160-0022
東京都新宿区新宿4-3-30-501
品川校
品川駅高輪口から徒歩3分
〒108-0074
東京都港区高輪3-23-14-204
秋葉原校
秋葉原駅から徒歩2分
〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町2-22-301
通信教育(オンライン)
日本全国どこでも授業可能です!
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。