医学部向けブログ
2019.09.14
tara

医学部の進学・復学試験は塾で対策!臨床医師から学べる医学生道場

世間では、医学部に入学さえすればあとは医者になれば安泰と考えている人が少なくありません。確かに、大学受験の医学部の試験は難しいところが多いため、ある意味合格をすれば安泰のように感じてしまうものです。ところが実際には、医学部に合格したとしても一生安泰というわけではなくそもそも医学部卒業試験に合格しなければ医師国家試験すら受けることができません。そこで、医学部の成績が悪い場合どうしたらよいかが問題になります。

医学部の成績が悪い場合の対策

医学部に入ってみたものの、勉強が難しすぎてよくわからないと感じる人もいるでしょう。また、少なくとも大学生なのだからもっと遊べるはずだと考えて、遊んでしまうような人もいます。そうすると、周りのレベルについていくことができず、試験に不合格になってしまう可能性も少なくないでしょう。最悪、進級どころか留年してしまうようなことも考えられるわけです。このように考えると、そのまま放置しておくのではなく何らかの対策をしておくことが必要になります。最近医学部試験対策や、医学部の進級対策のための塾が出てきています。 医学部塾の中でも、医学生道場は医学部の生徒を救うためにできた塾といっても過言ではありません。塾の特徴の一つは、理解しやすい説明をすることです。大学の授業といっても、すべての教授がわかりやすいとは限りません。外から評価する制度がありませんので、わかりにくい教え方をする教授が居座っている可能性もあるわけです。

医学部塾に入った方がよい理由

すべての人が医学部塾に入る必要はありませんが、留年しそうになった場合には確実に入っておいた方がよいと言えるでしょう。その分お金はかかりますが、進学できないと数百万円のお金が余分にかかってしまいますので、多くの場合留年するよりかはお金がかかりにくいといえます。このように考えれば、このままだと留年してしまうと感じた場合やすでに留年している場合には塾に通いもう一度基礎から見直す必要があるでしょう。加えて、塾の講師は非常にわかりやすい説明をしてくれるのが特徴です。選抜された講師で外からの評価もありますので、理解しにくい講師をわざわざ配属することはありません。 例えば、心電図の勉強などはなかなか理解が難しいことで有名ですが、塾に通えば納得しづらい心電図もあっという間に理解することができるようになり留年の文字が頭に浮ばなくなってきます。

いつ通うことができるか

現実的な問題として、医学部に籍を置いている生徒はそれほど暇ではりません。いくら良い塾があったとしても、なかなか時間的に余裕がないと通うのが難しい人もいるでしょう。例えば平日のスケジュールを見ると、朝から夜ぐらいまでずっと医学の勉強をして学校から離れられないようなときがあります。特に学年が上がれば上がるほど、時間に拘束されることになります。 ですが、医学生道場の場合には平日だけでなく土曜日や日曜日そして祝日にも開催しています。いくら医学部といえども、土日や祝日に授業があるようなことはありません。もし通うならば、一度電話をして問い合わせてみるのがよいです。 早い対策はとても重要で、後になって後悔するよりも早めに行動した方がよいと言えます。医学部の授業自体はわからないからと言ってその生徒に合わせて止まってはくれませんので、少しでも将来の不安を感じたならばまずは相談してみてください。学習環境が整い、臨床医の授業もあるため役に立つでしょう。

医学部で留年する人は毎年増えてきています。だからこそ、医学生道場に通うことで問題を改善し、留年を避ける対策をしましょう。特に、すでに留年している場合や留年の可能性が高まってきた場合には連絡を入れて相談してみるのがよいかもしれません。忙しいのでなかなか通う暇がないと考えている人でも、土曜日や日曜日も参加することが可能なため安心です。

土日祝日も営業中!無料!お気軽にお問い合わせください!
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。
吉祥寺校
吉祥寺駅から徒歩5分
〒180-0005
東京都武蔵野市御殿山1-7-12-805
新宿校
新宿駅東南口から徒歩5分
〒160-0022
東京都新宿区新宿4-3-30-501
品川校
品川駅高輪口から徒歩3分
〒108-0074
東京都港区高輪3-23-14-204
秋葉原校
秋葉原駅から徒歩2分
〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町2-22-301
通信教育(オンライン)
日本全国どこでも授業可能です!
※受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。