【重要なお知らせ】

2021年11月25日よりシステムの不具合の為、以前ご登録頂いたLINEでのやり取りができない事象が発生しております。大変恐縮では御座いますが、ご連絡頂きます際には、改めて新しいLINEの友達追加をして頂き、そちらよりお問い合わせ頂けましたら幸いです。また、お電話もしくはお問い合わせからも可能です。ご不便をおかけ致しますが、ご連絡を心よりお待ちしております。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

代表取締役 医師 橋本将吉

USEFUL

お役立ち情報

全国の医学部・医学生道場等の最新情報をお届けしています。
2022.05.20
Miki Matsuzaki

【医学部の勉強方法】周囲に差をつけて結果を残したい医学生へ【医学生道場】

はじめに

こんにちは! 医学生道場です。

今回は、医学生として日々勉強を頑張る中で、さらに上を目指したい! 学年で上位の成績になりたい! と考える方、他にも勉強方法に行き詰まりを感じている方にも向けた記事となっております。

そもそも学年上位になることに意味はあるのかどうか についてや、学年上位になる医学生の特徴、成績上位を目指すための具体的な学習方法 などについてご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください!

医学部での成績は医師になった後に役立つのか?

医学部で成績上位を目指すことは、将来医師となった際に役立つのでしょうか?


医師専門コミュニティサイトを運営するメドピア株式会社が実施した、「学生時代の成績と医者としての出来」についてのアンケート調査によると、「ある程度関係ある」「大いに関係ある」を併せると、半数強の医師学生時代の成績と医師としての出来が関係あると考えているようです。


引用元:PRETIMES

アンケート結果からみると、関係ないという意見も約半数となっており、成績のみが医師としての出来をすべて決定するというわけではありませんが、ある程度の相関関係はあるようです。

以上から、医学部で成績上位を目指すことは、よい医師を目指すことにもつながるのではないでしょうか。

そう考えると、勉強に対するモチベーションも向上しませんか? 将来優秀な医師となるためにも、ぜひ医学部時代に好成績を目指しましょう!

成績上位の学生の特徴

成績上位を目指すには、実際に成績上位の学生の特徴を知り、再現していくのが最も近道です。

では、実際の成績上位の学生はどのような特徴があるのでしょうか。

2010年に行われた、藤田保健衛生大学の医学部生を対象にした学習についての意識調査と解析についての研究から引用します。

“仕事のイメージ(医師のイメージ)” については,成績中位・下位群では入学後 4 年間で変化する傾向が顕著であり,“仕事のイメージ” が変化しなかった成績上位群とは対照的である.すなわち,成績中位・下位群において,入学後 “学習” に対する態度や姿勢が変化するのは,医師となる自分の “将来像” が定まらないことが一つの原因である可能性が示唆された.
 学習については,成績上位群とは対照的に,成績下位群では出席状況が悪く,「勉強のタイプ」,「板書」,「課題」,「科目の取り組み」などの回答結果からも講義の取り組みが不十分であり,大学の教育環境に順応した “学習” が確立できていないと判断される.また,欠席数から推測すると,“学習” に対する態度や姿勢の悪化は 1 年次から既に始まっていると推測された
引用元:医学生の学習に対する態度と姿勢に関する調査

以上のことから、成績上位の医学生には、

① 医師のイメージ=将来像をはっきりと抱いている

② 大学の教育環境に順応した勉強方法を確立できている

という特徴があることが分かりました。

成績上位を目指す方法

成績上位の医学生の特徴が分かったところで、特徴と、具体的な学習方法を結びつけて掘り下げていきましょう。

まず、①医師のイメージ=将来像をはっきりと抱いている という点について。

医師のイメージを抱くということは、医学の勉強という面では、臨床の視点から勉強内容をとらえることができると言い換えることができます。

医学には、基礎医学と臨床医学に大別されます。基礎医学を学習する際にも、臨床の視点を持つことで、何のために用語を覚える必要があるのか、という視点を持つことができます。

基礎と臨床の垣根を越えて勉強していくことで、より深い理解につながり、成績上位を目指すことができます。

次に、②大学の教育環境に順応した勉強方法を確立できている という点について。

「大学の教育環境に順応した勉強方法」とは、すなわち、必要な情報を取捨選択し勉強していく方法ということです。

医学部の勉強内容はとにかく膨大で、教科書の内容を最初から最後まで完璧に覚えることはほぼ不可能です。

その中で、試験に向けて重点的に勉強していく部分を見極めて、勉強を計画的に行っていく力が、医学部の勉強には必須かつ、成績上位を目指すための近道となります。

以上の方法が、成績上位を目指すために必要な方法となっています。

医学生道場が成績上位を目指すお手伝いをします!

成績上位を目指すための勉強方法について見てきましたが、臨床の視点を持ったり、計画的に勉強を進めていくことは簡単にできることではないですよね。

そこで、医学生道場の学習ノウハウが役立ちます!

医学生道場には、現役の医師講師が在籍しており、実際に患者さんと接している講師が多くいます。

そのため、臨床の現場での経験を交えた指導が可能になっており、臨床の視点を持った深い学びを可能にします。

また、医学生道場では、医師講師が生徒一人ひとりに合わせた学習計画を立案し、計画的に勉強を進められるようにマンツーマンで指導します!

医学のプロフェッショナルだからできる指導によって、生徒を試験合格に導き、さらには成績上位を目指すことも可能です!

医学生道場の強みについてより詳しく知りたい方はこちらから

おわりに

今回は、医学部で成績上位を目指す方法をご紹介しました。

医学生道場には、マンツーマンで医師講師が生徒に合わせた指導によって試験合格に導き、よい成績を目指せるノウハウがあります。

講師から一方的に指導していくのではなく、生徒に徹底的に向き合い、一人ひとりに合った勉強方法の確立からお手伝いいたします。

試験合格を目指したい方や、さらにもう一歩進んだ勉強に興味がある方など、医学の勉強に関するお悩みやご興味を持つ方なら誰でも大歓迎です!

興味を持たれた方は、まずは医学生道場の公式LINEまたはご相談フォームからお気軽にお問い合わせ下さい。

YouTubeで医学生道場の様子をご紹介しています。

igakuseidojo-channel
お役立ち情報
お役立ち情報
【タグ】
品川校
品川駅高輪口から徒歩5分
〒108-0074
東京都港区高輪3-23-14-204
新宿校
新宿駅東南口から徒歩5分
〒160-0022
東京都新宿区新宿4-3-30-501
吉祥寺校
吉祥寺駅から徒歩5分
〒180-0005
東京都武蔵野市御殿山1-7-12-805
秋葉原校
秋葉原駅から徒歩5分
〒101-0025
東京都千代田区神田佐久間町2-22-301
名古屋校
名古屋駅から徒歩5分
〒450-0002
愛知県名古屋市中村区名駅3-23-6-2B(2階)
大阪校
西梅田駅から徒歩5分
〒530-0002
大阪府大阪市北区曾根崎新地2丁目3-13 1301号
難波校
地下鉄なんば駅より徒歩5分
〒556-0011
大阪府大阪市浪速区難波中2-6-13ゴールドナンバ竹田4階
福岡校
JR博多駅より徒歩3分
〒812-0012
福岡県福岡市博多区博多駅中央街5-12博多東ビル204号室
通信教育(オンライン)
日本全国どこでも通信による個別指導が可能です!
※受付時間は13:00~21:00です。
※定休日は水・木曜日となります。