医学部向けブログ
2017.11.30
橋本将吉

【医学生へ】医学部の1・2年生は大変!勉強で学ぶべき事!

こんにちは。医学生道場の代表の橋本です。今回は、医学部の1年生と2年生に向けて、効率のいい勉強の仕方について、お話したいと思います。

 

まずはじめに、ある医学部2年生の生徒さんから、次のようなお問い合わせを頂きましたので、ご紹介したいと思います。

 

医学生

「先生、医学部に入ってまだ1年ちょっとしか経っていませんが、どんなことを気をつけて勉強していけばいいか、アドバイスが欲しいです」

 

橋本

「おお、モチベーションが高いねえ。新しく勉強する医学に対しての姿勢を知りたいということだな!」

 

医学生

「かっこよく言うとそうなりますが、とりあえず留年が怖いというのが本音です」

 

橋本

「そりゃそうだよな。まあ、色んな方法があるんだけど、上級生になるにつれて、どんどん勉強が楽になっていく方法とか、興味あるかい?」

 

医学生

「え、そんなのがあれば、是非教えてほしいです!」

 

橋本

「だが、初めのうちは、小さい事の積み重ねで、結構苦労するかもしれない。アイシールド21のデスマーチのようなものだ。それでも大丈夫かい?」

 

医学生

「はい!ついていきます!(この先生、時々何言ってんだか良く分からないけど、まあいいや)」

 

 

前提!医学部の進級は大変だ!

よく言われますが、医学部の進級試験は、かなり大変です。たった1科目落としただけでも留年になってしまうからです。

 

さらに、その1科目1科目が、とても大変なものが多いです。まるで、教科書が辞書のように見える事もあります。

 

そんな大変な医学部の勉強ですが、今回は1年生と2年生での勉強の仕方について考えていきたいと思います。

 

 

医学部の1~2年生では何を勉強するのか?

さて、改めて、医学部の1~2年生は何について勉強するのでしょうか。

 

他のコラムでも解説していますが、医学部の1~2年生は「基礎医学」を学びます。

 

「基礎医学」とは、人体の正常構造や機能を学ぶ学問です。高学年になって人間の病気について学ぶ前に、まずは「病気ではない人の身体について学ぶ」と読み替えてもらってもいいかもしれません。

 

 

図にするとこんな感じですね。

 

もう少し詳しく説明すると、基礎医学の一つの「解剖学」という学問は、人の身体をバラバラにするとどうなっているか、という視点から、人の身体について学びます。

 

他にも、イメージが湧きにくい基礎医学の一つ、「生化学」という学問では、人の身体(生体)の中の化学という観点から、人の身体について勉強します。

 

つまり基礎医学とは、色々な観点から、人の身体について見てみようということなのです。

 

まとめると、基礎医学は、症状や病気・疾患について勉強する臨床医学を学ぶ、ベースとなる「基礎の」科目という意味になります。

 

しかし、「基礎医学」という言葉を、「基礎的な簡単な医学」と勘違いしてしまっている方をよく見かけます。ですが、基礎だからと、全く馬鹿にはできません。

 

すべての科目が初めて挑戦する科目たちであり、必修科目であり、医学と言う専門分野であります。そして、それぞれ全て、恐ろしく膨大な分量です。

 

 

さて次章より、具体的にどのように向き合っていけばいいのか、解説していきたいと思います。

 

 

具体的に、基礎医学とどのように向き合っていくべきか?

それでは、「基礎医学」を学ぶ時には、一体何を心掛けたらいいのでしょうか。三年生以降のことを考えると、すぐ忘れてしまう様な勉強の仕方は望ましくないですよね。

 

正解は、「本質」を理解していくように勉強することです。

 

「本質」とは、木で例えると「幹」の部分の事を意味します。「本質」を理解することが出来れば、様々な知識が「枝」のように広がっていくイメージです。

 

 

どんなに記憶力に自信がある人でも、医学部という大量の試験とボリュームがある世界の中では、「力づくで枝を沢山覚えていくぞ!」というのは少々危険です。

 

また、忘れる度に覚えなおさなければなりません。「記憶」だけではなく、本質の「理解」が重要です。

 

例えば、流体力学の勉強をしているとします。その時に、ただ漫然と「うわ、この公式なんなんだよ。覚えられるかよ」というのが普通の反応だと思います。

 

しかし、そうではなく、「どうしてこの公式を、わざわざ医学部で学ぶんだろう。もしかすると、人間の身体に関係のあることなのかもしれない。よし、ちょっと調べてみよう」と考えてみるということです。一歩踏み込んで「本質の理解」を目指すのです。

 

そして、インターネットで調べてみたり、先生に聞いてみたりします。そうすると、血圧や血液の流れが関係していることを知り、その流れが悪くなったりすると血栓が出来たり、血管が傷ついたりして、病気につながることが分かります。

 

「なるほど、だから医学部で流体力学を勉強するのか!」と納得できれば、将来的にも応用できる、価値のある勉強の仕方となります。

 

このように、「自分でどんどん理解してやるぞ!」という癖をつけていくと、まるで「木の幹を育てる」ような本質を学ぶ勉強法となり、3年生以降になっても、そして医師になっても活かすことができると思います。

 

ある生徒さんは「かみ砕く技術なんですね!」と腑に落ちたようでした。色々な表現の仕方があると思いますが、身に着ければどんな場合でもプラスになります。是非手に入れてほしい技術の一つです。

 

 

さらに裏技!臨床の先生に聞いてしまう!

しかし、基礎医学だけを勉強していても、「どうしてこれが問題になっているのか分からないよ」という壁に遭遇してしまうことも沢山あると思います。

 

それらを逐一説明してくれている参考書は無いので、仕方がないと言えばそうかもしれません。

 

そこで、お勧めの方法があります。それは「基礎医学」の全体像を掴むのに、「臨床医学に挑戦してみる」ということです。

 

そもそも医学という学問は、綺麗に基礎医学と臨床医学が分かれているものではなく、スパイラルのようになっているからです。

 

 

図のように、医学という学問は、行ったり来たりして学ばなければならないものなので、基礎医学だけを勉強していても、答えが出てこないのです。そこで、臨床医学を活用しようというアドバイスです。

 

具体的には、先程の流体力学の例を使うと、「流体力学 病気」と調べて見ます。そうすると、動脈瘤や血栓症という言葉が、検索結果として出てきます。

 

それらの疾患がどういうものかをさらに調べていくと、「なるほど、この病気の理解のために、流体力学が必要だったんだな」と納得できます。納得したことが本質です。

 

基礎医学を勉強している身分だから、臨床医学を勉強してはいけない、なんて法律はありません。是非、積極的に「本質」を追い求める勉強をしてくださいね。(=゚ω゚)ノ

 

しかし、実際にやって見るとかなり難しいものです。私自身、とてもハイレベルなアドバイスをしているのも分かっています。そこでお勧めは、「臨床の先生に直接教えてもらう」ということです。周りに臨床医がいれば、ぜひその先生に積極的に質問してみましょう。

 

なんて面倒な学問なんだと考えてしまう人もいるかもしれません。ですが、これが医学という科目の特性であり、奥深さであり、面白さでもあると思います。私の生徒ちゃんに「徐々に慣れてきて、知的な遊びであることに気づいた」と言っていた子もいました。

 

医学の勉強で困っていることがあれば、いつでも医学生道場に相談に来てくださいね。笑顔でお待ちしております(*´▽`*)

 

最後まで読んで頂き有難うございました。

 

医学生道場 代表医師 橋本将吉

土日祝日も営業中!無料!お気軽にお問い合わせください!
※お電話の受付時間は13:00~21:00です。
※休業日は水・木曜日となります。
吉祥寺校
吉祥寺駅から徒歩5分
〒180-0005
東京都武蔵野市御殿山1-7-12-805
新宿校
新宿駅東南口から徒歩5分
〒160-0022
東京都新宿区新宿4-3-30-501
品川校
品川駅高輪口から徒歩3分
〒108-0074
東京都港区高輪3-23-14-204
スカイプ校
日本全国どこでも授業可能です!