代表挨拶

代表挨拶

入学前には想像も出来なかった困難

私は、どこにでもある平凡な家庭に生まれました。母はいわゆる「教育ママ」で、中学・高校に進学し、そこで出会った仲間と夢を語り合いながら成長し、沢山の希望を持って医学部に進学しました。その時はあまり強く医療に興味があったわけではなく、漠然と「医者になるんだな」というような感覚でした。

そのため、医学部入学後は悲惨な状態でした。明らかに受験よりも多い学習量、一年間で20を超える必修科目、個性の強い仲間とのコミュニケーションが必要不可欠な実習、高校時代よりも激しい部活、価値観の違い、生活のためのアルバイトなど、高校の時には想像も出来なかった困難が待ち受けていました。

その中でも、6年間にわたる留年のプレッシャーというものは、とてもとても辛いものでした。沢山の人に迷惑をかけてしまうのが怖かったのを覚えています。

医師になってからの更なる試練

そして医師になってからも更なる試練が待ち受けていました。すごい形相で怒鳴りこんでくる患者さんの家族、最大限の治療をしているにも関わらず、症状の増悪に苦しむ患者さん、実習中は学生として優しく扱ってくれていたはずの鬼の上司、そして学生の方が楽だったと思うぐらいの睡眠不足。それでも、沢山の人にありがとうと言ってもらえる喜びや、自分が頑張ることで社会に貢献できていると実感できる喜びは、何にも変えることが出来ないものでした。

これまでに関わってくれた家族、仲間、先生に心の底からありがとうと思いました。医学生の時の努力が報われたと初めて実感したのもこの時でした。

大学の講義以外で教えてほしかったことを詰め込んだ医学生道場

そして社会貢献のため、自分の武器である医療と教育の分野で、医学生道場を立ち上げました。それは私にとっての「恩おくり」だと考えています。医学生道場には様々な思いが込められていますが、授業において重視している点は「自分が医学部にいた時に、大学の講義以外でどのようなことを教えてほしかったか」ということです。例えば、医学の面白さ、現場の面白さ、これから待ち受ける困難な壁、自分に合った自分だけの学習スタイルの模索、将来の選択肢など、数えればキリがありません。

それは、大学の講義と同じ集団指導で得られるものではなく、個別指導でしか実現できないものだと考えています。

医学生道場を活用して進級・留年・休学対策をしていただきたい

医学生道場が解決したい大きな問題として、進級・留年・休学対策があります。日本では、少子高齢化、社会保障費の急激な増加、医師の絶対数不足、地域医療の過疎化など、多くの問題が叫ばれています。これらは全て、最終的に医学部の学習環境に悪影響を与えている要因となっています。

医学部の難関入試を突破し、学力では少なくとも大きな武器を持っているのは明らかです。当然、努力も出来ます。それなのに進級や留年が問題になっているのはなぜでしょうか。まだまだ勉強が足りないのでしょうか。意志が弱いのが問題なのでしょうか。それとも生活習慣が悪かったり、人間関係の問題でしょうか。

それぞれの生徒さんに、様々な事情があると思います。ですが、根本には社会の流れや問題があるような気がします。そして、それらには理不尽な部分が多くあると考えています。

医学生道場では、進級や留年対策を通して、効率の良い学習の仕方を身につけてもらいます。学習も楽しい、部活やサークルも楽しい、医師になる前にアルバイトで社会経験もできる、仲間も大切にできる、そんな有意義な学生生活を送ってほしいと考えています。
医学生道場 代表 橋本将吉